ビットコインの年初来上昇率が+140%、0.1BTC以上の保有アドレス数は過去最高に|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインの年初来上昇率が+140%、0.1BTC以上の保有アドレス数は過去最高に|仮想通貨市況
 

ビットコインの年初来上昇率が+140%、0.1BTC以上の保有アドレス数は過去最高に|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●ビットコイン投資信託「Grayscale Bitcoin Investment Trust【GBTC:US】」の年初来リターンが170%到達

●海外の専門家が今後のシナリオを考察

金融市場と仮想通貨

28日の東京株式市場は、前日比77円高の21,260円に。

米国休場で薄商いだったことで、資金が新興株式市場のマザーズ銘柄に集中。マザーズ指数は前日比2.89%高となった。仮想通貨(ブロックチェーン)関連株では、直近で大幅下落していたセレスが2.51%高と反発したほか、GMOが前日比4.60%高となっている。

ビットコイン市場

GrayscaleのBTC投資信託が人気再燃

海外の専門家が今後のシナリオを考察

免責事項

28日4時には、国内最大手の取引所bitFlyerのメンテナンスで、証拠金取引倍率(レバレッジ)取引の仕様を「最大15倍から4倍」まで引き下げたほか、証拠金維持率を80%から100%に引き上げた。ハイレバレッジでのスキャルピングをメインに行なっていた投機家が半減した影響もあり、現時点では目に見えて出来高が減少している。(下図)

海外最大手のBitMEXと並んでビットコイン・デリバティブ市場におけるbitFlyer Lightning FXの出来高は、世界的に見ても影響力があり、本日を境に市場の性質が一定程度変わる可能性もあるため注意が必要と言える。

CME及びCboeがデリバティブ取引の提供を行なっている米国では、機関投資家などプロのトレーダーでも、ボラティリティを踏まえて2倍が適切だと判断、最大倍率を2倍に規定しており、これも今回の判断基準の1つとされている。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B