リップル特化型VC創設者が指摘「アルトコイン市場におけるバイナンスの優位性と懸念点」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル特化型VC創設者が指摘「アルトコイン市場におけるバイナンスの優位性と懸念点」
 

リップル特化型VC創設者が指摘「アルトコイン市場におけるバイナンスの優位性と懸念点」

著名仮想通貨ファンドが語るBinanceの市場優位性
米大手仮想通貨VC「Arrington XRP Capital」の創設者は、アルトコイン市場におけるバイナンスの存在感を高く評価しつつ、デメリットについて指摘した。

著名仮想通貨ファンドが語るBinanceの市場優位性

米大手仮想通貨VCファンド「Arrington XRP Capital」の創設パートナーであるMichael Arrington氏は、世界最大手取引所Binanceの存在感がアルトコイン市場において最も高いと評価した。

Arrington XRP Capitalは、仮想通貨XRPを利用し、ブロックチェーンプロジェクトへ出資を行うVCであり、Arrington氏は米著名ITメディアTechCrunchの創設者でもある。

直近数ヶ月では、通常のICOと異なり、独自のIEOトークンセールプラットフォーム「ローンチパッド」で、月に1回の頻度で新たな仮想通貨プロジェクトによる資金調達を行っており、迅速に上場させることにより、Binance独自の仮想通貨エコシステムを拡大しつつある。

Arrington氏は、このようなBinanceの主導性を受け、「韓国以外では、他の全ての取引所が束になったとしてもBinanceには敵わないだろう。BNBの投資家にとってはいいことだが、業界全体とってはどうなのか。他の取引所はより注力してこの状況を改善する必要がある。」と語った。

Binance、米ドル建て通貨ペア提供を示唆

この見解についれは、CZ氏も「自分のチームに同じようなことを言っている。」と同意を示した。

DEXの方ではBinance Chainのバリデーター(コンセンサスの参加者)の投票により上場が決められる。一方、BinanceではCZ氏と上場プロセスを管理するチームでその可否を判断することとなっている。

仮にBinance上でもDEXのような上場方法をすれば、Binance Chain発行トークンでないプロジェクトの仮想通貨はBinance以外の取引所に流れていくと意味する。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B