仮想レーシングカーが約1200万円で落札 ブロックチェーンゲーム「F1デルタ・タイム」オークション

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想レーシングカーが約1200万円で落札 ブロックチェーンゲーム「F1デルタ・タイム」オークション

仮想レーシングカーが約1200万円で落札 ブロックチェーンゲーム「F1デルタ・タイム」オークション

仮想レーシングカーが約1200万円で落札 ブロックチェーンゲーム「F1デルタ・タイム」オークション

ブロックチェーン関連スタートアップ企業アニモカ・ブランドが、F1題材のブロックチェーンゲーム「F1デルタ・タイム(F1 Delta Time)」においてオークション形式セールを5月24日から開催した。あるユーザーが、仮想レーシングカーを仮想通貨イーサリアムで415.9ETH(約1218万円)または11万600ドル(約1210万円)で落札した。同ゲームのウェブサイトの情報で5月28日に明らかになった

F1デルタ・タイムは、アニモカがリリース予定としているF1題材のゲーム。オークションページによると、仮想レーシングカー「1-1-1」はゲーム内で初めて発行されるモデルで、1台限定でこれ以上リリースしないとうたわれている。また限定エディションのため、類例のないコレクションアイテムと紹介している。

(F1題材のブロックチェーンゲーム「F1デルタ・タイム(F1 Delta Time)」内の仮想レーシングカー「1-1-1」。 出典: F1デルタ・タイム公式サイト

アニモカは、オークション形式セールを5月24日から開催したところ31の入札を受け、ユーザー「09E282」が415.9ETH(約1218万円)で落札した。

(ユーザー「09E282」が415.9ETH(約1218万円)で落札した。 出典: F1デルタ・タイム公式サイト

アニモカは2019年3月、F1デルタ・タイム開発に向けて、フォーミュラ1(F1)と世界的な規模のライセンス契約を締結したと発表。プレイヤーは、仮想のF1カーを収集し、お互いに競えるという。

また公式ウェブサイトによると、特定のレーシングカーモデルを所有することは、ゲーム内における優位性につながるそうだ。

「このゲームは、(F1に)固有の自動車、ドライバー、コンポーネントの収集と取引が中心となっている。これらはすべて、ETHのERC-721規格に基づくノンファンジブル(代替不可能)なトークン(NFT)」として存在する。(中略)価値の高いレーシング属性ほど希少なトークンとなるように、トークンは希少性の設定に沿った数量で生産される。」

代替不可能性(ノンファンジブル)とは、ゲームで例えると、ゲーム世界に1つ存在しかない伝説の剣・盾など独自性を備えたものを指す。一方、代替可能(ファンジブル)という概念もあり、こちらは価値が一定の(一般的な)剣や盾などにあたる。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B