元ゴールドマンサックスの機関向マーケティング幹部がRipple(リップル)社に参加

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

元ゴールドマンサックスの機関向マーケティング幹部がRipple(リップル)社に参加

元ゴールドマンサックスの機関向マーケティング幹部がRipple(リップル)社に参加

ゴールドマンサックスの元幹部で、Blockchain.comのBreanne Madigan氏は、現在の会社を離れ、国際送金スタートアップRipple(リップル)社へ移るという。The Bllockが報じました。

Blockchain.comは、2011年設立の仮想通貨の大手ウォレット企業です。Madigan氏は、機関投資家の営業および戦略の責任者として2018年4月に同社に参加していました。Blockchain.comのコミュニケーションリーダーPatrick Sutton氏が、The Blockに対してMadiganの退職を認めたという。

Blockchain.comは当初、相対取引、カストディおよび取引業務を提供する機関向のプラットフォームの構築を計画していました。同社は今年初めにOTCデスクを立ち上げ、積極的なカストディ・サービスを提供しているという。

Madigan氏がRippleで果たす役割は明確ではありません。Rippleは機関投資家向けのデジタル資産XRPの販売量が増加傾向にあります。スタートアップは、2019年第1四半期にXRPの直接の機関向け販売量が、前期比54%増となる6199.3万ドル(約68億円)を報告しました。

Linkedinによると、Blockchain.comへの入社以前、Madigan氏は14年間ゴールドマンサックスに在籍し、最後の3年間に機関投資家向けプライベート・ウェルス・マネジメントサービスの責任者を務めました。同部門は2017年に長期資金の純流入が170億ドルを記録し、2016年の120億ドルを上回りました。

ウォール街の人材は、Ripple社に積極的に参加し始めています。今年1月、Ripple社の法律顧問としてStuart Alderoty氏を迎えました。同氏は米国のトップ50のリース会社であるCITグループで、法務顧問兼最高法務責任者を務め、法務、コーポレートガバナンスおよび保険リスク管理を監督しました。彼はRippleの法務を監督し、グローバルな政策および銀行秘密法(BSA)コンプライアンスチームを率います。

最近、Ripple戦略アカウント担当バイスプレジデントのPat Thelen氏は、米国の「ファスター・ペイメント・カウンシル(高速決済協議会:FPC)」の新しい理事会の一人に任命されました。
Thelen氏は、JPモルガン・チェースの財務およびセキュリティサービス部門のマネジングディレクターとして、企業および個人顧客のビジネスを率いました。その後UMB Bankで銀行商品とサービス部門でプレジデントを務めた経歴を有しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B