JPモルガン、仮想通貨イーサリアム基盤の独自プラットフォーム「クオラム」で匿名取引機能を強化

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

JPモルガン、仮想通貨イーサリアム基盤の独自プラットフォーム「クオラム」で匿名取引機能を強化

JPモルガン、仮想通貨イーサリアム基盤の独自プラットフォーム「クオラム」で匿名取引機能を強化

JPモルガン、仮想通貨イーサリアム基盤の独自プラットフォーム「クオラム」で匿名取引機能を強化

米大手銀行JPモルガン・チェース(JPM)は、仮想通貨イーサリアム(ETH)ベースの金融向けコンソーシアム型ブロックチェーン「クオラム(Quorum)」の決済機構として、プライバシー保護を強化した機能拡張版をオープンソースソフトウェア(OSS)としてリリースすると発表した。コインデスクが5月28日に報じた

記事によると、新ツールは、パブリックブロックチェーン上における決済金額や送受信者の身元の秘匿が可能な「ゼサー(Zether)」プロトコルを拡張し設計されたという。

ゼサーは、ETHはじめ他のスマートコントラクトプラットフォームと互換性のある、プライバシーを重視した決済メカニズムだ。既報の通りゼサーは、内容を明らかにせずに取引の正当性を検証する仕組み「ゼロ知識証明(ZKP)」を採用しており、2019年初めにスタンフォード大学とビザの研究部門の研究者によって発表された。

【関連記事:「スマートコントラクトに匿名性を」米スタンフォード大とVISAの論文 |仮想通貨ETHの手数料も安価に

JPMは本日、そのゼサーを拡張した機能をOSSとしてリリースすることを計画しており、ETHベースのクオラムに実装すると明らかにした(GitHub上にリリース済み)。

コインデスクとのインタビューで、JPMにおけるクオラムおよび仮想通貨戦略の責任者オリ・ハリス氏は、新たな拡張機能の概要を次のように説明した。

「基本的なゼサーでは、口座残高や振替金額は隠されているものの、(取引における)送受信者の身元は必ずしも隠されているわけではない。我々は、その点を解決した。我々の実装では、送信者が自分自身を隠し、トランザクション(取引)の受信者を大きなグループの中に隠せる匿名機能を提供する。」

ゼサーをさらに際立たせるために、ビットコイン(BTC)や匿名性重視のアルトコイン「ジーキャッシュ(Zcash)」で採用されている、どこからも参照されていないトランザクションを利用する「未使用のトランザクション出力(UTXO)」アプローチとは別に、ETHと整合性のあるアカウントベース(口座)のアプローチを採用している点をハリス氏は指摘した。

ハリス氏は、「トラストレスな匿名決済のための、効率的かつトラストレスな機構」として、今回の新しい拡張は企業コンソーシアムにおけるプライバシー保護に特に有益であり、将来JPMがクオラムをより幅広い用途に発展させる際に役立つと示唆した。

なお記事掲載時点では、コインテレグラフからの問い合わせに対して、JPMは応じていない。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B