SBI子会社、マネータップ使った実店舗支払いの実証実験を開始|リップルの分散型技術が基盤、北尾氏は仮想通貨XRP採用にも意欲

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

SBI子会社、マネータップ使った実店舗支払いの実証実験を開始|リップルの分散型技術が基盤、北尾氏は仮想通貨XRP採用にも意欲

SBI子会社、マネータップ使った実店舗支払いの実証実験を開始|リップルの分散型技術が基盤、北尾氏は仮想通貨XRP採用にも意欲

SBI子会社、マネータップ使った実店舗支払いの実証実験を開始|リップルの分散型技術が基盤、北尾氏は仮想通貨XRP採用にも意欲

SBIホールディングスの子会社で電子決済等代行業を営むSBI Ripple Asiaは30日、スマートフォン用送金アプリ「マネータップ」を使った実店舗での支払いの実証実験を始めたと発表した。マネータップは世界200以上の金融機関が参加するブロックチェーンネットワーク「RippleNet」の運営元であるリップル社の決済サービスxCurrentを活用している。

マネータップを使えば、銀行口座から銀行口座への個人間送金を24時間365日リアルタイムで行うことが可能。今回の実証実験では、利用者の一部を対象に、SBIグループが入居する六本木一丁目泉ガーデンタワー内の飲食店等においてQRコード加盟店決済行う。各種顧客体験(UX)を検証し、「年内の本格サービスへ繋げる」狙いだ。

SBIホールディングスは今年3月、銀行間送金アプリであるマネータップを法人化した。現在マネータップが採用するxCurrentは、仮想通貨XRPの利用が義務となっていないが、SBIホールディングスの北尾吉孝CEOはXRPの利用が義務になるxRapidをマネータップに活用することに意欲を見せている。

【関連記事:SBI 銀行間送金アプリ「マネータップ」を法人化。仮想通貨XRP採用に向けて前進か

またSBIは先月の決算説明会で、先日法人化した銀行間送金アプリを手がけるマネータップについて、リップル社からの出資受け入れを検討していると発表した。

【関連記事:SBI決算|仮想通貨取引所SBIVCの初年度黒字化、リップル社との提携強化、マイニングやSTOの展望を発表【北尾氏の発言を追記】

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B