ビットコイン約1年ぶりの高値圏から12万円幅暴落、リップルやイーサリアムも大幅安|仮想通貨市場

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン約1年ぶりの高値圏から12万円幅暴落、リップルやイーサリアムも大幅安|仮想通貨市場
 

ビットコイン約1年ぶりの高値圏から12万円幅暴落、リップルやイーサリアムも大幅安|仮想通貨市場

ビットコインは12万円幅の暴落
昨晩9000ドルを記録したビットコインだが、100万円の大台を前に12万円幅急落した。直近の上昇を牽引したリップル(XRP)やイーサリアムなどの仮想通貨も、前日比10%安近い下落幅を見せている。

ビットコインは12万円幅の暴落

31日の仮想通貨市場は、ビットコインが2018年5月以来の9000ドル(JPY建99万円=bitFlyer)の高値をつけるなど、約1年ぶりの高値を記録した。昨日の市況でも伝えたアルトコインの上昇相場の流れがビットコインにも波及した形だ。

しかし、大きな節目に当たる100万円のラインは厚く、上昇が難しいとみると利食いの圧力が強まり、90万円台を割り込み、一時8000ドル(88万円)まで急反落した。

今回の急落の影響で、今月中旬より上昇基調を支えたサポートライン(オレンジライン)上位足ベースで割り込み、27日に上抜けした始点まで全戻し(急騰分を帳消し)したことが確認されている。

国際金融市場の動向

なお、6月8日に開催されるG20財務大臣・中央銀行総裁会議で明かされる内容は、仮想通貨市場の方向性を左右する可能性もある重要内容であり、来週より1週間に渡って業界内の関心が高まることも予想される。

メキシコ政府の対策が行わなければ、7月1日に10%、8月1日に15%と一月ごとに5%ずつ、最大25%まで段階的な追加関税の引き上げを行うという。

今回の発表を受け、ダウ工業株30種平均の先物が再び2万5000ドルを一時割り込んだほか、メキシコペソが急落、5ヶ月ぶりの安値を付けた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B