ビットコイン8200ドルの重要性、コインチェック上場発表のモナコイン暴騰が物語る「好地合い」|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン8200ドルの重要性、コインチェック上場発表のモナコイン暴騰が物語る「好地合い」|仮想通貨市況
 

ビットコイン8200ドルの重要性、コインチェック上場発表のモナコイン暴騰が物語る「好地合い」|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●急騰直後のブルトラップで急落したビットコイン、次の節目は

●海外アナリストが解説、今回の急落局面は好機となるか

金融市場と仮想通貨

31日の東京株式市場は3日続落し、前日比341円安の2万601円で引けた。

米トランプ政権が、6月10日にメキシコからの輸入品すべてに5%の追加関税を課すと発表し、メキシコ政府の不法移民への対応に厳しい姿勢を示したことも相場の押し下げ要因となった。

同時期に最高取引高を記録したメキシコのビットコインP2P取引(LocalBitcoin上)の出来高推移にどのような影響が出るのか。市場へのニューマネー流入を見る上でも注目したい要因の一つとなるだろう。

ビットコインテクニカル分析

モナコインが暴騰

急落局面は買い戻しの好機か

免責事項

ビットコイン価格は、0時半頃にペナント上抜けで年初来高値の97.5万円を更新(①)。そのまま騰勢を強め、2018年5月以来の9,000ドル(99万円=bitFlyer)の高値を付けるなど、約1年ぶりの高値を記録した。

しかし、100万円の大台を目前にして急反落。リターンムーブで上値の重さを確認(②)した後、一時8,000ドル(88万円)まで約12万円幅下落(③)した。今回のような騙し上げは、BTC市場で出現頻度の高い”典型的なブルトラップ”であり、bitFlyer BTCFXのレバレッジ変更前の建玉である「15倍ポジション」を刈り取るような動きと言える。

現在サポートされているのは、19〜25日にかけて何度も跳ね返された反落ポイントでの攻防になっている。ここを下抜けた場合の支持線としては、過去チャートの反発ポイントや出来高を勘案すると、8000ドル(88万円)、7900ドル(86万円)、7350ドル(80万円)、7000ドル(77万円)辺りの水平線は意識されやすいだろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B