ビットコインコア開発者、ノード帯域幅使用量を「50%以上」削減する改善提案

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインコア開発者、ノード帯域幅使用量を「50%以上」削減する改善提案
 

ビットコインコア開発者、ノード帯域幅使用量を「50%以上」削減する改善提案

ビットコインコア開発者、ノード帯域幅使用量の大幅削減案
ビットコインコア開発者は、ビットコインネットワークの「トランザクション帯域幅」の効率化を図る、新たなビットコイン改善提案(BIP)、「Erlay」を発表した。ほぼ無料でネットワークの接続性を向上させることが可能に。

ビットコインコア開発者、ノード帯域幅使用量の大幅削減案

5月28日、ビットコインコア開発者は、ビットコインネットワークの「トランザクション帯域幅」の効率化を図る、新たなビットコイン改善提案(BIP)を発表した。

「Erlay」と名付けられ、ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)研究者のGleb Naumenko氏とビットコインコア開発者の中心的存在であるGregory Maxwell氏や Pieter Wuille氏らによって作成されたこのBIPは、リレープロトコルを変更することで、フルノード運営のための貴重な資源である帯域幅の使用量を、大幅に節減できるようにするものだ。

Naumenko氏は、大手仮想通貨メディアのCoindeskに送ったEメールで次のように説明している。

将来の主要なリリースに

さらにアウトバウンドのピア数が32に引き上げられた場合、Erlayは現在のプロトコルと比べ、全帯域幅の約75%の節約も達成できると同時に、タイミング攻撃に対する耐性も高まると、同氏は述べている。

Erlayが実装された場合にもたらされる最も重要な成果として、帯域幅の負担が減ることにより空いた容量を活用して、ノードが他のノードとのアクティブな接続数を増やすことが可能になり、ビットコインネットワークの頑健性を高めることに貢献すると、BIP作成者らは指摘している。

Naumenko氏はそのような攻撃の一例として、ターゲットとなるノードが保持する全ての接続を攻撃者が乗っとることで、ノードがP2Pネットワークから分断される、Eclipse(日食)攻撃を上げている。

ビットコインネットワークの強化に寄与する可能性の高いErlayに対する開発者コミュニティからの反応はポジティブで、コミュニティからのサポートが引き続き得られるならば、「このプロトコルは将来の(願わくば、次回の)主要なリリースの一部になるだろう」とNaumenko氏は述べている。

また、ブロックチェーン開発企業Blockstream社の共同創設者兼CEOのAdam Back氏は、Erlayの「mini-sketch(ビットコイン・ノードの必要帯域幅を縮小させる技術)を使った効率的なP2Pトランザクション」プロトコルは、通信経費を削減することにより、ビットコインブロックチェーンのスケーラビリティを向上させるという意味で、大変興味深いとコメントしている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B