2018年末の暴落要因から見る仮想通貨市場のシグナル ビットコインマイニングに復活の兆し

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

2018年末の暴落要因から見る仮想通貨市場のシグナル ビットコインマイニングに復活の兆し
 

2018年末の暴落要因から見る仮想通貨市場のシグナル ビットコインマイニングに復活の兆し

仮想通貨市況
18年末の下落要因となったビットコインマイニングの状況が、過去最高水準付近まで復活。市場への影響と今後の市場の注目ポイントを考察した。

仮想通貨市況

仮想通貨市場6月3日、ビットコインが91万円から94万円のレンジで推移を継続しているほか、ビットコインの一時的な頭打ちを見て時価総額を上昇させたアルト市場も沈静化するなど、直近1ヶ月と比較して落ち着いた週末相場となった。

市場の注目はもっぱら心理的節目である現物BTC=100万円にあるが、大幅調整局面はいつ来てもおかしくない状況も予想以上の底堅さに、先行きが読みづらい状況が続いている。

日本は初の議長国を務める2019年のG20サミットの中で、仮想通貨の内容が共同声明に盛り込まれているのは6月8日から9日にかけて福岡県で開催される財務大臣・中央銀行総裁会議。世界的に仮想通貨交換業者の登録制や免許制の導入するほか、アンチマネーロンダリング(AML)やテロ資金供与対策(CFT)を定める新規制に合意される予定だ。

共同通信社は6月1日に、仮想通貨に係るAMLやCFTで追加対策を2021年までに立案するよう関係当局へ要請する方針を固めたと報道。ついに世界規模の共通規制の制度化が予定される。

注目すべき内容はハッシュレートの最高値到達

ビットコインのマイニングに関しは、先日の調整タイミングで採掘難易度(マイニング・ディフィカルティ)が過去最高を記録。ハッシュレートも価格に相関して続伸しており、2018年8月に記録した過去最高値に近づく勢いだ。

ハッシュレートの推移が重要視されるのは、ビットコイン市場におけるデータから見えるファンダメンタルズ要因であるほかに、市場大暴落「2018年末の下落相場」の主要因になった点であるためだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B