年金だけでは不足、金融庁が老後に2000万円必要とする理由|仮想通貨ビットコインの関心も拡大

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

年金だけでは不足、金融庁が老後に2000万円必要とする理由|仮想通貨ビットコインの関心も拡大
 

年金だけでは不足、金融庁が老後に2000万円必要とする理由|仮想通貨ビットコインの関心も拡大

金融庁が年金で不足する「2000万円」の貯蓄を推奨する理由
金融庁の最新報告書は、「年金制度」が事実上破綻する可能性を示唆した。時代背景から株や仮想通貨(ビットコイン)投資の関心も高まりつつあり、資産運用の重要性が一層高まっていくことが想定される。

金融庁が年金で不足する「2000万円」の貯蓄を推奨する理由

金融庁は3日、少子高齢化社会の加速を見据えた報告書を公表した。

年金頼みの生活設計が、事実上破綻する可能性を示唆した上で、老後に備えて金融資産「2000万円」の貯蓄が必要だとしている。株式や仮想通貨ビットコインを含め、若い内からの投資需要は、一層高まる可能性が高い。

金融庁は、金融を巡る特に大きな背景の変化として、国内における人口減少・高齢化(少子高齢化社会)問題を挙げ、「わが国の総人口が減少局面に移行した中、長寿化は年々進行し、「人生100年時代」と呼ばれるかつてない高齢社会を迎えようとしている。」と言及。未婚率の上昇も一因に挙げた。

かつてない高齢化社会へ

老後に備えて2000万円が必要な理由

金融庁の総括

注目すべきは、公的年金の水準については、今後調整されていくことが見込まれているとともに、税・保険料の負担も年々増加しており、少子高齢化を踏まえると、今後もこの傾向は一層強まることが見込まれるとしている点だ。各所で指摘されている通り、現行の「年金制度」の将来的な破綻を示唆していると言える。

さらに金融庁は、「金融資産の保有状況は各人により様々であることから、平均的な姿をもって一概に述べることは難しい面があるが、全体的な傾向として、若年層よりもシニア層の方が全体に占める金融資産の保有割合が高く、この傾向は今後も続く見込みである。」と指摘した。

その上で、収入と支出の差である「不足額約5万円」が毎月発生する場合の試算として、「20年で約1,300万円、30年で約2,000万円」の取崩しが必要となるとしている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B