仮想通貨取引所バイナンス、証拠金取引と分散型取引所で「日本」をアクセス禁止へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨取引所バイナンス、証拠金取引と分散型取引所で「日本」をアクセス禁止へ
 

仮想通貨取引所バイナンス、証拠金取引と分散型取引所で「日本」をアクセス禁止へ

バイナンスの証拠金取引とDEX、「日本」もアクセス禁止
世界最大手のバイナンスは新たに、(レバレッジ)証拠金取引と分散型取引所(DEX)における利用制限対象国に「日本」を加えたことが判明した。バイナンスは昨年3月、改正資金決済法に基づく金融庁の意向を受け、日本市場から撤退している。

バイナンスの証拠金取引とDEX、「日本」もアクセス禁止

最大手仮想通貨取引所Binanceは新たに、証拠金取引と分散型取引所(DEX)両方における利用制限対象国のリストを更新し、「日本」を加えたことがわかった。

Binanceは2018年3月、改正資金決済法に基づく金融庁の意向を受け、日本市場から撤退。日本語のUIも取り外されたが、Binanceへのアクセスや取引サービスなどは依然として利用可能だ。しかし、新生Binanceにおける「証拠金取引」に関しては、日本居住者からのIPアドレスがブロックされる可能性がある。

Binanceは、日本の仮想通貨交換業に登録しておらず、国内取引所が金融庁認定の自主規制団体(JVCEA)によるレバレッジ倍率の引き下げ方針を踏まえて最大4倍にしている背景もあるため、日本市場を事業方針から外すに至ったとされる。

分散型取引所でも利用制限

なお、分散型取引所(DEX)の方にも、日本が利用制限に追加されたことが判明した。

3日の報道では、Binance DEXのウェブサイトhttp://www.binance.orgへのIPアドレスアクセスに対する制限国では米国を含む28ヶ国が入っているが、昨日の更新版リストでは28ヶ国から20ヶ国(米国など)に変更され、日本が追加された。

Binanceの分散型取引所の利用制限に関して米国を加えた際、CEOのCZ氏は「Binance DEX自体はブロックチェーンであるため、もちろんサービスをブロックすることはできない。ブロックするのはウェブサイトへのIPアドレスのアクセスだ。よって、VPNは必要となる。」と釈明し、実際日本や米国での利用制限を迂回するには、Binance Chainをサポートするウォレットの利用によって取引などの機能はできると述べている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B