ミンブルウィンブル実装のグリン(GRIN)が推定7月17日に最初のハードフォークを予定

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ミンブルウィンブル実装のグリン(GRIN)が推定7月17日に最初のハードフォークを予定

ミンブルウィンブル実装のグリン(GRIN)が推定7月17日に最初のハードフォークを予定

仮想通貨グリン(GRIN)は、ブロックチェーン・ネットワークの最初のハードフォークのブロック番号と有効化の予定日が設定されました。GRINのコア開発企業BlockCypherのエンジニアQuentin Le Sceller氏によると、アクティベーションブロック番号は262,080です。7月17日にこのブロック番号に到達すると推測されています。

1月15日にデビューしたMimbleWinmble実装の仮想通貨グリン(GRIN)は、ローンチ前の数カ月間に、寄付金で約65,000ドルを調達しました。5月上旬に約30万ドル相当の謎のビットコイン寄付を受けており、現在、約42万ドルの開発資金を有しています。

5日に、Grinのコア開発者Michael Cordner氏は、開発チャットルームで、6月上旬にアップグレード用のプライベート・テストネットワークの開設、そして6月19日にパブリック・テストネットワーク「Floonet」でアップグレードをアクティベートします。

今回のハードフォーク「バリアント2.0.0」は、2年間に4回予定される最初の1つです。設定の主な目的の1つは、ASICマイニングの拡大を抑えることです。

GRINは、2つの別々のプルーフオブワーク(POW)マイニングアルゴリズムを適用します。一つは一般的なコンピューティングツールGPUを対象とし、もう一つはASICの利用を受け入れます。

「Cuckatoo31 +」はASICにやさしく、「Cuckaroo29」はGPUに最適化するために作成されています。ASIC耐性を2年間維持するため、Cuckaroo29は6ヵ月毎にマイナーチェンジを施します。

また、ウォレットのコンプライアンスと使いやすさ向上を目的とした、仮想通貨のウォレットソフトウェアへのアップグレードも含まれます。「改良されたバレットプルーフ・リワインド・スキーム」という提案は、マルチシグ・ウォレットとウォッチオンリーを含む新しい種類のウォレットを可能にすると言う。GRINのウォレットAPIに、取引の請求書発行など、新しい義務を備える変更があります。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B