リップル社のXRP販売量減少の可能性が浮上、価格への影響は?|仮想通貨市場の出来高水増し疑惑を受け

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル社のXRP販売量減少の可能性が浮上、価格への影響は?|仮想通貨市場の出来高水増し疑惑を受け
 

リップル社のXRP販売量減少の可能性が浮上、価格への影響は?|仮想通貨市場の出来高水増し疑惑を受け

リップル社、出来高水増し疑惑に対応方針
リップル社がビットコインなど仮想通貨市場の出来高水増し疑惑を受け、3つの対応方針を発表。同社が販売するXRP量が減少する可能性も生じている。その理由を業界の背景から解説。

リップル社、出来高水増し疑惑に対応方針

過去数ヶ月間に渡り、仮想通貨市場で取り沙汰されている「出来高水増し疑惑」の問題を受け、米リップル社が対応策を発表した。今回の発表によって、リップル社が行うXRP販売量が減少する可能性も生じている。

出来高水増し疑惑(ウォッシュ・トレードなど)とは、世界に点在する仮想通貨取引所の一部が、不正に出来高を水増ししていると指摘されているもので、リップル社が関与したものではない。

概要は、以下の通りだ。

重要なポイントと通貨価格への影響

XRP価格への影響は

業界で高まる水増し是正の動き

リップル社は四半期ごとの報告書にて、リップル社のXRP販売量を市場全体の出来高から算出している。

この対策として発表したのが、リップル社が提案する3つ目の『保守的なアプローチ』だ。リップル社のリリースでは、四半期ごとに報告しているプログラマティックセールス(セールサマリーの2つ目に該当)の数値目標が20bpsに設定されていたが、今回の保守的アプローチによって10bps以下に半減する可能性があると報告した。

出来高水増しが是正された場合、相対的にbps数値は上昇するが、今回が逆にbps数値が減少する可能性を指摘している。この意味として考えられるのは、『保守的なアプローチ』がプログマティックセールスによるXRPの販売量を減らすことを示しているということだ。

bpsとは、Basis Pointsの略で、1万分の1の値を「1.0」とする単位である。(例:1bps=0.01%) よって、10bpsは0.1%に相当する数値となる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B