[cryptopack id="115"]

また出たビットコインクジラ!数分間に25,000BTCで1000万ドル荒稼ぎ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

また出たビットコインクジラ!数分間に25,000BTCで1000万ドル荒稼ぎ

 

また出たビットコインクジラ!数分間に25,000BTCで1000万ドル荒稼ぎ

2019/06/05 16:39

ビットコインクジラの警告が、暗号通貨市場における巨額の取引監視を専門とするウェブサイトによって鳴らされました。
25,160BTC(21300万ドル相当)の巨額の取引が6月3日22:37UTCに行われました。

また出たビットコインクジラ!数分間に25,000BTCで1000万ドル荒稼ぎ

このBTCを売却してまた買い戻し、一気に1000万ドルを手に入れるというシステムを実行するチャンスを得た見知らぬクジラがいるということが、あるニュースチャンネルでも囁かれていたのです。

価格操作か、ビジネス戦略か。

大量のBTCが転送される前、BTCは8,500ドル以上で取引されていました。
見知らぬアドレスからコインベースのウォレットへ転送されたと伝えられています。マーケットへのその壊滅的な影響は、価格急落の激しさをみればそれとわかるようなインパクトでした。

その資産の所有者は市場動向を計算したものと推測されており、市場価値を600ドル落としたところでBTCを再購入しています。
それによりクジラは非常に短い間で1000万ドルを稼いだということです。

Twitterでもあちらこちらで簡単な説明をするものが現れ、この突然のベア相場を「価格操作」のせいとタグ付けました。
「今日のBTC投げ売りは完全に操作されたものです。その約2、30分前にクジラは25,000BTC(2億1500万ドル相当)をコインベースに移しました。それから1時間後、クジラはコインベースから他のウォレットに14,000BTC(1億1200万ドル相当)を移しました。・・・・・」
と、言った具合です。

クジラの動きは、マーケットにとって双方向

デジタル通貨全体の安定した価格の成長に関する仮想(暗号)通貨クジラの重要性というのは過小評価することはできません。
一旦彼らが計算しつくした決定をすれば個人投資家はその結果に耐えるしかありません。

ビットコインクジラだけでなく、リップルクジラもあります。
最近5月30日に1億8700万リップルのクジラは、ビットコインのそれとは違ってマーケットにとっては明らかに有利なものだったようです。

クジラの動きは、価格操作と言われかねませんが、この暗号資産の世界は明らかに自由なマーケットです。自分の資産に対する権利は当然所有しています。
いつでもファンドを取引することは自由意志ですが、このような注目に値する動きはどのくらいの間、市場に影響し続けるのでしょうか。

【関連記事】
参考サイト:
“https://todaysgazette.com/bitcoin-whale-sells-rebuys-25000-btc-pockets-relatively-10-million-within-minutes/”
“https://todaysgazette.com/bitcoin-whale-moved-213-million-left-btc-price-bad-shape-unlike-ripple-xrps-last-whales-effect/”
“https://whale-alert.io/alerts”

The post また出たビットコインクジラ!数分間に25,000BTCで1000万ドル荒稼ぎ appeared first on CRIPCY.

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/2814

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。