2019年度の国内ブロックチェーン活用サービス市場規模は2年前の5倍以上に急拡大、2022年度には1,200億円|矢野経済研究所

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

2019年度の国内ブロックチェーン活用サービス市場規模は2年前の5倍以上に急拡大、2022年度には1,200億円|矢野経済研究所
 

2019年度の国内ブロックチェーン活用サービス市場規模は2年前の5倍以上に急拡大、2022年度には1,200億円|矢野経済研究所

ブロックチェーン市場規模、3年後には約7倍
矢野経済研究所は、国内ブロックチェーン活用サービスの2019年度市場規模を2年前の5倍以上の170億円を見込み、2022年度には1200億円まで急拡大するとした。本格的な商用化フェーズへと進むと予測している。

ブロックチェーン市場規模、3年後には約7倍

矢野経済研究所は、国内ブロックチェーン活用サービス市場を調査し、2019年度の国内ブロックチェーン活用サービス市場規模(事業者売上高ベース)は、171億5,000万円の見込みであると報告した。

調査対象は、国内のIT事業者、ブロックチェーン関連スタートアップ企業等で、調査期間は2018年12月~2019年4月だ。調査方法は、専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用したとしている。

サプライチェーン(供給網)や仮想通貨などを含めた価値流通におけるプラットフォームなどを中心に、さまざまな実証実験が行われており、なかには商用化に向けた効果検証に進んでいる事例も出てきていると指摘、以下のように述べている。

国内の事例

海外のブロックチェーン需要

同レポートでは、以下のように分析されている。

また、「フェーズ(段階)別では、欧米を中心に多くの事業者を取り込んだ組織によるブロックチェーン活用に向けた実証実験が多いものの、2019年度以降、商用化に向けた効果検証フェーズや本格的な商用化フェーズへと進む案件が増えていくと考えており、日本発のブロックチェーンコンソーシアムの立上げを期待している」とした。

なお、世界最大級の市場調査企業Research and Marketsが3月25日に出したレポートによれば、銀行・金融を始め、医薬品や自動車、農業など、米国内の11業界におけるブロックチェーン支出は、今後6年間で13倍まで拡大するという。

同社は、アメリカにおけるブロックチェーン技術の発展に関して、2025年までに年間16億5100万ドル(約1818億円)が投じられると予測。その大きな成長性を示唆している。

矢野経済研究所の詳しいデータは、以下のサイト参照

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B