リップル社がブラジルに新支社設立|南米市場へのリップルネットの更なる拡大を目論む

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル社がブラジルに新支社設立|南米市場へのリップルネットの更なる拡大を目論む
 

リップル社がブラジルに新支社設立|南米市場へのリップルネットの更なる拡大を目論む

リップル社、ブラジルに新支社を設立
Ripple社が南米進出の足がかりとして、ブラジルに新支社を設立することが判明。独特の市場様相を見せる地域で、リップル・ネットの更なる拡大を目論む。

Ripple社は新支社をブラジルに設立

Ripple社がラテンアメリカへの事業拡大を目的として、ブラジルのサンパウロに新支社を設立することが、コインテレグラフ・ブラジルの報道により6月10日明らかになった。公式発表は今月11日から13日の3日間(日本時間6月11日9:00PM-14日)サンパウロにて開催されるフィンテック系のイベント「CIAB Febraban」で行われる予定である。

今回新支社のトップを務めるのは、グローバルに保証ソリューションを展開する「The Warranty Group」の元ブラジル社長を務めたルイス・アントニオ・サッコ(以下サッコ氏)の予定だ。彼は今年3月よりRipple社にジョインし、ラテンアメリカ進出を担ってきた中心人物である。

今回進出するラテンアメリカ市場は、欧米諸国への進出とは異なり仮想通貨市場の様相が異なる。米仮想通貨取引所CoinbaseのCEOブライアン・アームストロング氏は先月末に興味深いツイートを残している。

独特の様相を見せるラテンアメリカ仮想通貨市場

進出にあたりブロックチェーン教育にも注力

ブラジルでは今月3日、ブラジル国営銀行の経済社会開発部門が、この度作成するドキュメンタリー映画の資金調達をイーサリアムベースのステーブルコイン「BNDESトークン」で行うことを発表している。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B