[cryptopack id="115"]

H.I.S.子会社とビットキー、デジタルキープラットフォームの採用検討で基本合意【フィスコ・ビットコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

H.I.S.子会社とビットキー、デジタルキープラットフォームの採用検討で基本合意【フィスコ・ビットコインニュース】

 

H.I.S.子会社とビットキー、デジタルキープラットフォームの採用検討で基本合意【フィスコ・ビットコインニュース】

2019/06/11 14:44

エイチ・アイ・エス<9603>の子会社で、銀行代理業や決済代行業を行う金融のスタートアップ企業H.I.S.Impact Financeと、キーテクノロジースタートアップ企業のビットキーは11日、2019年5月14日にH.I.S.Impact Financeが発表したサービス「Fimple Bank(フィンプルバンク)」の個人認証基盤に、ビットキーのデジタルキープラットフォーム「bitkey platform(ビットキープラットフォーム)」の採用を検討するため、基本合意書を締結したと発表した。

H.I.S.Impact Financeは、振込・預入・引出・口座維持などの各種手数料が実質無料の次世代バンキングサービス「Fimple」や、売掛金前払い手数料無料の請求業務アウトソーシングサービス「Fimple決済」を提供している。

2019年5月14日には、GMOあおぞらネット銀行とともに金融業務に係る包括的業務提携に向けた検討を開始すると発表しており、2019年7月1日より、GMOあおぞらネット銀行の円普通預金口座の契約締結の媒介を開始予定だという。これにより、同銀行の口座開設に係る勧誘を行うことができるようになり、「Fimple Bank」においても、口座開設に係る機能を提供する計画だとしている。

「bitkey platform」は、ブロックチェーンを活用して開発された、ビットキー独自のID管理・認証と権利の移転取引管理、権利利用用の電子実行鍵を生成・管理するためのプラットフォームだ。今回の基本合意書締結により、「Fimple Bank」に「bitkey platform」を採用することについて検討を開始するとみられている。

<HH>


Liquid

ビットコインを買うならLiquid

セキュリティレベルも高く、ビットコインの取引高では国内でダントツで取引手数料は無料!!

口座開設はこちら


bitbank

リップルの取引高世界一のbitbank

リップルの取引先として高い支持を誇り、日本人に人気のモナコインの取引所として個人投資家からの信頼が高い!

口座開設はこちら


GMOコイン

上場企業の運営の取引所GMOコイン

投資初心者でも使いやすい取引アプリを提供。仮想通貨FXでアルトコインのレバレッジ取引も可能!

口座開設はこちら

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/2844

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。