仮想通貨取引所バイナンスが米国進出を表明|世界最大手が米国に進出する重要性とは

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨取引所バイナンスが米国進出を表明|世界最大手が米国に進出する重要性とは
 

仮想通貨取引所バイナンスが米国進出を表明|世界最大手が米国に進出する重要性とは

Binance米進出の実現
仮想通貨取引所Binanceは米国市場に特化した取引所「Binance US」を設立することが判明。米財務省のFinCENに登録している送金業者との提携で実現する。

「Binance US」 バイナンスの米国進出

世界最大手仮想通貨取引所Binanceが米国市場に特化した取引所「Binance US」を設立する。「BAM」というサンフランシスコ本拠地の登録送金業者と提携で実現した。実際の日程は未定だが、Binanceはウォレットとマッチングエンジンの技術を提供し、米国における取引所の業務をBAM社が管理・運営するという。

Coindeskとの取材ではBinanceのCZ氏は以下のように述べている。

ついに、Binance USをローンチすることができる。この取引所を運営するのは、Binanceのパートナー企業であるBAMで、米規制コンプライアンスに準拠した上で米市場に取引サービスを提供する。

BAM(BAM Trading Services)は米財務省傘下のFinCEN(米金融犯罪取締ネットワーク)に登録されている送金業者で、カリフォルニア州での業務が可能となっている。そのためBinance USの業務はおそらく最初はカリフォルニア州のユーザーに限られる可能性もある。

米国進出の実現まで

バイナンスはこれまで、米国の不明確な仮想通貨規制を理由に米国ユーザーを対象にした取引サービス提供は行なっていない。まずは、ビットライセンスの制度があり、規制の厳しいニューヨーク州ではなく、カリフォルニア州などから事業を開始すると見られるが、これまで制限されていた米国居住者へのサービス提供にも変化が見られる可能性がある。

今回発表される「Binance US」は、この規制準拠の問題への対策とみることができ、利用ユーザーが多い米国への正式なプロセスを経た規模拡大に動くと見られる。

直近1ヶ月以内でもBittrexやGate.ioなど米国で仮想通貨取引業を展開する複数の取引所が「米国の不明確な規制」を要因に、複数のアルト通貨を上場廃止にする旨を発表している。有価証券に該当する通貨の取り扱いに対する規制が明確化することは、通貨の流動性、延いては通貨価格に直結する問題であることから、その重要性も大きい。

サービス開始の日程は現状定かではないが、Binanceの事業展開がこれまで確実に進んできていることから、ユーザーやコミュニティからの期待がさらに高まっている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B