高騰するアルトコインに新たな注目指標、ビットコインは100万円再トライの分水嶺|仮想通貨朝市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

高騰するアルトコインに新たな注目指標、ビットコインは100万円再トライの分水嶺|仮想通貨朝市況
 

高騰するアルトコインに新たな注目指標、ビットコインは100万円再トライの分水嶺|仮想通貨朝市況

仮想通貨朝市況

●バイナンスDEXが新たな高騰アルトの注目指標に

●ChianLinkがGoogleCroudとの関係性公開で60%高

●流出したXRPに新たな動き

仮想通貨朝市況

仮想通貨市場は14日、ビットコインが一時300ドル高の8300ドル(Coinbase)の高値をつけ、2日連続の続伸。日本円建てでも90万円まで値を戻した。注目はドル建てで8200ドルを突破した点で、5月以降の相場でレジサポの転換が見られている重要ラインを上抜けた。

Bakktのビットコイン先物に関するユーザー受け入れテスト(UAT)が7月22日と具体的な日時として発表されたことも上昇要因となった。Bakktのビットコイン現物先渡し先物のUATは、5月13日に開始の可能性が示唆されたことで騰勢を強めた重要ファンダで、7月22日に向けて市場の関心はさらに高まるとみられる。

ICEのプラットフォームで取引が行われるといった重要点だけではなく、日決済の現物先渡し先物取引を提供することで、現物のビットコイン取引を実現できる点にも注目が集まっている。新たな取引方法が米CFTC規制下の取引所で取り扱われることで、いわゆる機関投資家マネーの流入が期待されているためだ。

アルトコインの高騰銘柄選定には、BinanceDEXが次の指標に?

チェーンリンクの価格が急騰

盗難XRPに動き

過去最長の弱気相場を終えたばかりの仮想通貨市場にて、時価総額の低いアルトコインへの買い控えは未だに続いている。

米国の有価証券問題など、規制による不確実性もその理由の1つにあるが、ビットコインも堅調に推移する中で、ファンダメンタルズ要因に反応する形で、騰勢を強める銘柄も散見されるようになってきた。(後述するChainLinkなどもその銘柄の1つ)

現在、時価総額の低いアルトコイン取引において、特に影響力の高いファンダ要因は、(信頼性の置ける大手企業などとの)提携と、出来高に影響する大手取引所への上場の主に2つとなるが、本日発表された「BinanceDEXのコミュニティ投票」にも注目したい。アルトコイン高騰銘柄の新たな指標として注目が集まる可能性があるからだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B