[cryptopack id="115"]

Bakktビットコイン先物、7月22日にUATを開始【フィスコ・ビットコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Bakktビットコイン先物、7月22日にUATを開始【フィスコ・ビットコインニュース】

 

Bakktビットコイン先物、7月22日にUATを開始【フィスコ・ビットコインニュース】

2019/06/14 11:20

昨年末から示唆されていたBakktのビットコイン先物取引が7月22日からユーザー受け入れテスト(UAT)を開始することが判明した。BakktのCOO Adam White氏がブログを通じて明かした。

Bakktの先物は、5月の上昇要因にもなった内容で、今回具体的な開始日時が公開されたことによって、UAT実施に対する期待感は高まる可能性がある。

ビットコイン現物先渡し先物を提供する方針で米CFTC(商品先物取引委員会)の認可待ちとなっていたBakktは、7月をもって試験段階に移行する。NY証券取引所の親会社にあたるICE(インターコンチネンタル・エクスチェンジ)が運営する先物取引所ICE Futures U.S.で取り扱いを予定する。

なお、CFTCから認可が下りた後には、毎日決済と限月決済のビットコイン先物取引として、米国規制当局から認可される取引所で取り扱われる予定だ。

昨年8月に親会社であるICE(インターコンチネンタル・エクスチェンジ)がマイクロソフトやスターバックスから出資を受ける形で発表されたBakktは、当時2018年の「仮想通貨業界にとって最大のニュース」と称されるなど注目を浴びていた。しかし米国の先物取引を管理する規制当局であるCFTCとの会議が難航、当初の予定であった2018年12月から大幅に延期となっていた。

今回の試験は実際にCFTCがBakktに認可の判断を下したことを意味するものではないものの、実現に向けて一歩前進したことは確かだ。

仮想通貨市場への影響
なお日本時間13日午後10時頃に行われたBakkt社の発表を受け、ビットコイン価格は投資アナリストから重要視されていた8,200ドルの心理的な節目を突破。現在も上昇を維持している。

Bakktの先物公開による期待感には、以下のような理由が挙げられる。

• ICEのプラットフォームで取引が行われる点(金融投資家の利用につながる)
• 日間の現物先渡し先物取引を提供するため、実質的な現物取引のBTC取引が可能になる
• 不正取引を排除した透明性の高い仮想通貨金融商品が取引される
• 指数提供なども行なっているICEのシステムを利用した派生金融商品の開発も活発になる可能性
• 第二フェーズ以降に控える、ビットコイン決済へ一歩進む(スタバなどと共同)

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。

<SI>


Liquid

ビットコインを買うならLiquid

セキュリティレベルも高く、ビットコインの取引高では国内でダントツで取引手数料は無料!!

口座開設はこちら


bitbank

リップルの取引高世界一のbitbank

リップルの取引先として高い支持を誇り、日本人に人気のモナコインの取引所として個人投資家からの信頼が高い!

口座開設はこちら


GMOコイン

上場企業の運営の取引所GMOコイン

投資初心者でも使いやすい取引アプリを提供。仮想通貨FXでアルトコインのレバレッジ取引も可能!

口座開設はこちら

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/2887

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。