シティバンク銀行マックローリン氏、クリプト化された「未来のお金」を語る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

シティバンク銀行マックローリン氏、クリプト化された「未来のお金」を語る

現代の会計を動かすお金の媒体は、見かけほど単純なものではなく、当たり前のものとして扱われるべきではない。
 

そもそも現代の法定通貨システムは、米大統領リチャード・ニクソン氏が米ドルから金への転換を一時停止したブレトン・ウッズ体制の終焉に由来するものだ。

過去には、コモディティのお金、何かを代理するお金、管理されたお金など様々な種類のお金があった。

それでも、何をお金として見なすべきかを決めるのが主権者の特権だということはバビロニア時代にまで遡る不変的なことだ。
 

それぞれの可能性は、金魚鉢の液体の性質を変えるのと同じくらいの影響を会計へ与えることだろう。

私たちは今こそ現状に疑問を投げかけ、お金の未来についての議論すべきだ。
 

デジタル通貨の「二重払い」の問題を解決するのにおいて、ビットコインホワイトペーパーは独立国家のような主権者によって発行されないグローバル通貨が存在できることを示した。
 

また、法定通貨建ての社会的富と所得の不平等が、世界中でポピュリスト政治の台頭を引き起こすことに。

この結果は、法定通貨通貨システムのバグではなく、先天的な特徴であると主張する人もいるだろう。
 

民間のお金が複数のコモディティによって価値が担保されるべきだと主張した彼は、そのようなシステムがどのように形作られ、実装されるかを段階的に示した。 

(金本位制に関する経済学で一般的な)グレシャムの法則は「悪いお金は、良いお金を追い払う」と説いている。

もし2枚のコインを持っていて、その内の1枚に切り込みがあった場合、あなたが使うのは一部が欠けている方(=悪いお金)であるように。

これと反対に、ハイエクは価値が安定した良い民間通貨が、価値が減少する悪い法定通貨を追い払うと主張。

この論文が発表された40年後に、大手企業が次世代のお金として「ステーブルコイン」の開発を手掛けたり、暗号通貨コミュニティから愛されるようになることをハイエクは予期していなかっただろう。
 

これを実現するには、2つの方法がある。

1つ目は暗号通貨交換における供給のアルゴリズム管理による方法で、2つ目はトークン価値をゴールド、米ドル、米国債、または複数の通貨で担保する方法だ。

ステーブルコインの中には、しっかりと規制された親しみ深いPaypal、PayTM、Alipay、WeChat Payのような「電子マネー」のようなものもある。

他にも、国家の法定通貨システムと競合する民間主体のステーブルコインのような、ハイエクが思い描いていたビジョンを実現するもっと過激なものがある。
 

しかし、テクノロジー大手によって発行されるステーブルコインの普及は、彼らの計算を変えるかもしれない。

そんな潜在的な未来を論議するためには、新しい用語が必要だ。

ドル化に対する)「クリプト化」は、国家が金融政策を遂行する能力が民間によるステーブルコインによって挑戦されることを示す有用な用語だろう。
 

CBDCは、個人や企業が中央銀行と直接口座を開設するのを可能にすることを示唆し、国家が相手となるカウンターパーティーリスクのみを伴う通貨へのアクセスを可能にする。

また、利子を生み出せるCBDCは、中央銀行が経済および銀行システムにおいて、「新たな舵取り」が出来るようになる可能性を示す。

さらに、CBDCによる送金は、全ての既存決済システム、商業銀行および電子マネー機関を迂回可能だろう。
 

2つの全く新しい分野から発生するこの預金や支払いサービスの競争は、銀行システムの財政安定性と信用創造のプロセスに深刻な影響を与えるかもしれない。

 

RTGSACH、迅速な支払い、オープンバンキング、またその他の技術革新を含む「法定通貨の構造」の近代化は、21世紀の目的に適した「法定通貨システム 2.0」を提供するようになるかもしれない。

それは、より即時的で、透明性があり、費用対効果が高く、追跡可能な、デジタル経済の需要に応えるものだ。
 

暗号通貨と法定通貨の世界を合わせるのが難しいということについて、厳しい教訓から学んだ人もいる。

例えば、FX /資本管理国によって動かせない現金を、ビットコインを介して解放するのはよくない考えだ!

お金の性質が変わると、会計の役割も変わると言えるだろう。

それがCBDC、暗号通貨、または法定通貨システムのどれであろうと、未来は「ハイパー・コネクティッド (非常に繋がっている)」で、常にオンラインだろう。
 
 

☞ハードフォークには問題あり!?ゴールド市場専門家:「ビットコインは堕落している」

☞近未来の「信頼」、米国小売大手がひっそりと始めていたブロックチェーン事業

☞G20によるグローバルな仮想通貨規制、IMFラガーテ氏「石橋を叩いて渡れ」
 
 
PickUpストーリー
 
 
☞Bitcoin.com代表取締役が語る「鉛筆から学んだ衝撃的な発見について」

☞BTC強気市場は始まった!?ポンプリア―ノ氏:「最高値2万ドル更新はすぐ」

Blockstream創設者が語る「デジタルゴールドが生まれたきっかけについて」

トップページに戻る

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B