イタリアの「安全金庫への課税案」は、ビットコインを強気にさせるかもしれない

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イタリアの「安全金庫への課税案」は、ビットコインを強気にさせるかもしれない

イタリアの「安全金庫への課税案」は、ビットコインを強気にさせるかもしれない

イタリアのマッテオ・サルビーニ(Matteo Salvini)副首相は、貸し金庫に預けられた市民の現金、および貴重品に対する新しい税金を課す事を仄めかしたという。12日にロイターは、「貸金庫の総預金額が史上最高を記録したため、セーフティボックスに隠された貯蓄に対する課税を提案している。」と伝えた。

こうしたアイデアは人々を刺激し、現金預金を政府から安全に守る手段としてビットコインに向かわせる可能性があるかもしれない。

イタリア政府は国内の銀行の貸金庫に保管されたすべての貴重品に課税するため、いくつかの動きを見せた。サルビーニ副首相は、これが税務当局から実質的に隠されたお金であり、自発的に預金庫の保有高を申告した人々に、約15%の低税率が適用されると提案した。同氏はまた、現金やその他の資産として国中のセーフティボックスに数千億ユーロが保管されていると報告を受けたと言及した。

サルヴィーニ氏はその後、貸金庫に対する税金のアイデアを否定した。しかし、一連の報道は、政府がイタリアの人々の貯蓄を把握し、何らかの権利を有すことを浮き彫りにした。

イタリアでは、地政学的な緊張の高まりの中で、多くの人々にとって現金や他の貴重品に価値を保存する事がより魅力的な選択肢となっている。しかしセーフティボックスが脅かされた市民が、他のストアオブバリューに頼る可能性がある場合、仮想通貨コミュニティにとっては朗報のように見える。暗号アナリストのアレックス・クルーガー氏は、こうした状況が暗号資産にとって有利に働くと指摘した:

モルガン・クリーク・デジタルのパートナー、アンソニー・ポンプリアーノ氏もこれに同意した。

「世界中のより多くの人々が、自分たちの富を保存するため、検閲できない、没収することができない資産を探し始めても驚く事はない。」

あるいはイタリア政府は、国の債務返済のために仮想通貨にさえ課税を始めるかもしれない。最近、イタリア連立与党は、少額債券「ミニBOT」を提案しました。ミニBOTは、お金の代わりにIOUを使って公共部門(税金、交通料金、ガソリン代)のサプライヤーに支払うというもので、イタリアの膨大な借金を借金で返済することを目的としています。

イタリアのユーロ懐疑派による、新たな通貨の第一歩として提案したプランに対して、アナリストのアントン・パギ氏はギリシャの事例を用いて批判しました。

「イタリアは、10年前のギリシャと同じソブリン債の苦境に陥っており、ミニBOTSと呼ばれるIOUを通じて、屈辱的な結果を避けようとしています。」

歴史学者レベッカ・スパン氏は以下のように説明している;

「EU加盟国として、イタリアは合法的に自国通貨を発行することはできない。しかし政府がミニBOTで債権者に支払う場合、総資金の流動性はマネーサプライの拡大なしに増加する可能性がある。」

つまり、イタリアは市場に実質的な新通貨を溢れさせる事になり、ユーロの価値が切り下げられ、負債が増加し、インフレを誘発しかねない。ギリシャで起きた事と同様に、イタリアで発行されたユーロの価値が、フランスで発行されたユーロを下回る状況に陥るかもしれない。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B