ビットコイン100万円の大台目前まで急回復、3つの上昇要因を考察|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン100万円の大台目前まで急回復、3つの上昇要因を考察|仮想通貨市況
 

ビットコイン100万円の大台目前まで急回復、3つの上昇要因を考察|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●ビットコインの上昇要因と、値動きのポイントを解説

●再来するアルトドレイン、アルトの厳冬は訪れるのか

金融市場と仮想通貨

14日の東京株式市場は、前日比55円安の2万1087円に。

ホルムズ海峡付近のオマーン湾で13日、日本企業が運行する「KOKUKA COURAGEOUS」を含む石油タンカー2隻が何者かに攻撃を受けたとされる事件を巡り、中東の地政学リスクが重しとなった。現時点では、攻撃者は不明とされている。

ニュースが報じられた直後に原油相場が急騰したが、万が一イランの国家的な関与が確定した場合は、米国との偶発的衝突など大きな政情不安につながるリスクが高い。原油の供給逼迫および原油価格高騰と、それによる世界の経済混乱をもたらした1980年の「オイルショック」の再来も警戒されている。

ビットコインテクニカル分析

免責事項

14日時点で88万円台にあったビットコイン(BTC)は、日本時間16日2時付近で96万円台まで回復した。

5月31日に9,000ドルの節目から10万円幅の急落を合図に調整局面へと突入したビットコイン(BTC)。その3日前の5月28日にJVCEAの要請を受け、bitFlyerの証拠金取引倍率が1/4(15倍→4倍)まで低下したことも、様子見基調が強まり薄商いになれば大口も仕掛けやすくなることから、タイミング的に無関係ではないだろう。

最初の下落局面こそ、上目線の名残からリバウンドで急反発するも、5日時点では上昇分を打ち消すようにしてさらに大幅下落、7500ドルの80.6万円(①)を付ける場面もあった。5末の天井から、20万円弱の大幅調整である。

ところが、この後に大方の予想に反し、下値を切り上げ続けることになる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B