来たるイーサリアム2.0、フェイズ0の実装予定日に『2020年1月3日』を提案

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

来たるイーサリアム2.0、フェイズ0の実装予定日に『2020年1月3日』を提案
 

来たるイーサリアム2.0、フェイズ0の実装予定日に『2020年1月3日』を提案

イーサリアム2.0のメインネット、フェイズ0の実装予定日が提案
イーサリアム財団は「イーサリアム2.0の実装をめぐる電話会議」を開き、「PoS」移行への第一段階にあたる「ビーコンチェーン」の実装日を「2020年1月3日」として提案した。開発フェーズから実装へと動き始めた。

イーサリアム2.0、フェイズ0の実装予定日が提案

イーサリアム2.0、3.0のロードマップ

イーサリアム財団は13日、「イーサリアム2.0(ETH2.0)の実装をめぐる電話会議」を開催し、イーサリアム2.0の初期段階にあたるフェーズ0の実装仮日程として2020年1月3日の提案を行なった。コンセンサスアルゴリズム「PoS」への移行後の第一段階となる「ビーコンチェーン」の実装日程が仮提案された。これまで開発内容ベースの報道がメインであったイーサリアム2.0が、遂にローンチに向けて動き出す。(フェーズ0、開発自体の完了めどは6月中を予定)

その日にちは、2020年1月3日だ。

この日程の提案は、これまでETH2.0をめぐる様々な議論の中において、実装における具体的な日時の提案が行われたのは初めて。

「ビーコンチェーン」を実装するフェーズ0では、投資家からも最も注目されているイーサリアムのコンセンサス・アルゴリズムの変更「PoWからPoSへの移行」にも関わる開発工程に関わるもので、イーサリアム2.0における重要フェーズとなる。

イーサリアム2.0

また、Beacon Chainを利用したステーキングが開始される可能性は市場における重要指標にもなる可能性がある。将来的なイーサリアムへの投資判断で重要になるステーキングによる影響(報酬や流通量制限など)の判断で注目が集まるだろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B