アマゾンでのイーサリアム決済実現へ|仮想通貨決済の普及に手応え

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

アマゾンでのイーサリアム決済実現へ|仮想通貨決済の普及に手応え
 

アマゾンでのイーサリアム決済実現へ|仮想通貨決済の普及に手応え

イーサリアム決済可能にするブラウザ拡張機能が新発表
仮想通貨決済企業のCLIC社とOpporty社がアマゾンでのイーサリアム決済を可能にするブラウザ拡張機能を開発したことを発表。イーサリアム系統のERC-20トークンなども対応されていく予定としている。

アマゾンでイーサリアム決済が可能に

大手ネットショッピングサイトのアマゾンでの仮想通貨イーサリアム決済を可能にするブラウザ拡張機能を、仮想通貨決済企業のCLIC社とOpporty社が連携して開発に着手していることがわかった

通常イーサリアムのネットワークでは1秒間のトランザクション処理数はおよそ20だが、アマゾンのHP平均では300となっており、仮想通貨が実際に決済で活用される際のネックとなる部分とされている。

そこで仮想通貨決済企業のCLIC社はブロックチェーン企業のOpporty社と提携、ビットコインのライトニングネットワークに対応する形で、ヴィタリック・ブーテリン氏が以前提案した「Plasma Cash」技術を導入した。これにより決済スピードの向上に手応えを表しており、公式プレスリリースでは既存の大手クレジットカード企業ビザやマスターカードに匹敵する決済速度を持つと両社の関係者は語った。

なおアマゾン自体は仮想通貨の導入を大体的に公表していないが、アマゾン上での仮想通貨決済を提供するアプリは今年に入り話題を呼んでいた。4月下旬にはビットコインのライトニングネットワーク技術を活用した決済プラットフォームMoonが注目を集めた。

また5月中旬に仮想通貨の大型カンファレンス「Consensus 2019」にて、スターバックスやアマゾン傘下のWhole Foods社などを含む15社での仮想通貨決済を可能にするアプリ「SPEDN」が発表されている。このようなアプリではイーサリアムの取り扱いを行なっているものの、イーサリアムやERC20トークンのみの取り扱いには至っていない。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B