スピード調整で高値付近を推移するビットコイン、重要指標と今後の展望|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

スピード調整で高値付近を推移するビットコイン、重要指標と今後の展望|仮想通貨市況
 

スピード調整で高値付近を推移するビットコイン、重要指標と今後の展望|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●ビットコインは、2017年以来初の月足MACDゴールデンクロス間近

●直近1ヶ月のBTCショート増加数がロングの8倍を記録

●香港プレミアムなど、中華圏の仮想通貨需要が急拡大する理由

金融市場と仮想通貨

ただ注意点としては、前回、6000ドルでプルバック(戻し)が見られるとの見立てだったが、(実際は)7000ドルを上回る価格で起きている。

17日の東京株式市場は、前日比7円高の21,124円。

返還以降に一国二制度を敷いてきた香港で、香港の中国化が加速する懸念の強い「逃亡犯条例」改正案の完全撤回を求めたデモの余波が懸念されていたが、香港政府は15日、条例改正の手続きを延期すると発表するなど、事実上の無期限延期を示したことで、香港市場ハンセン指数は反発。これに伴い、アジア株式市場も反発した。

ビットコインテクニカル分析

海外投資家の見解

免責事項

ビットコインは、4時間足の一目雲抜けに加え、先週末にかけて意識されていた「日足三尊」の否定で騰勢を強めると、ショートカバーを伴い大幅上昇。2018年5月以来、約1年ぶりに100万円の心理的節目を突破した。ある意味でビットコイン(BTC)の潜在需要を可視化する、ハッシュレート(採掘速度)が過去最高値を更新したことも上昇相場を後押ししていると言えるだろう。

昨日の5万円幅のスピード調整により、過熱感を示すRSI(相対力指数)はやや落ち着きを取り戻した(②)ものの、短期的には急ピッチで上昇しすぎていることから、本来もっと深く押してもおかしくないため、維持率に余裕を持たせるなど高値圏での急落には十分注意したい。

なお、月足MACD(Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)は、2017年以来初となる”ゴールデンクロス”目前となっており、中・長期の上昇を示唆している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B