「フェイスブックの独自仮想通貨は業界にとって前向きだ」リップル社CEOがブルームバーグTVで語る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「フェイスブックの独自仮想通貨は業界にとって前向きだ」リップル社CEOがブルームバーグTVで語る
 

「フェイスブックの独自仮想通貨は業界にとって前向きだ」リップル社CEOがブルームバーグTVで語る

リップル社CEOがフェイスブック独自通貨との違いを説明
マネーグラムとの提携を発表した直後のリップル社CEOのガーリングハウス氏が、ブルームバーグTVでフェイスブックの独自通貨について言及。業界にとって前向きな動きであるとの見解を示し、リップル社製品や仮想通貨XRPとの違いを解説した。

リップル社CEOがフェイスブック独自通貨について言及

大手送金企業マネーグラム社との提携を発表したばかりの米国の大手ブロックチェーン企業リップル社CEOであるブラッド・ガーリングハウス氏が、ブルームバーグTVのインタビューに出演。発表されたばかりのマネーグラムとの戦略的提携や日本時間19日頃に発表が見込まれるフェイスブックの独自通貨に関して言及した。

リップル社は米時間17日、マネーグラム社に対して最大5000万ドルの出資を行い、世界で2番目の規模を誇る送金企業であるマネーグラム社が仮想通貨XRPを駆使するxRapidを活用していくことが発表していた。ガーリングハウス氏は正式に発表されたマネーグラム社との戦略的提携について以下のように言及した。

マネーグラム社の株式取得について

フェイスブックの独自通貨について

またガーリングハウス氏は、従来の送金企業では、資金を海外口座に貯めておく必要があることを指摘して、xRapidを採用することで資金を貯めずに直接的な送金を可能になると説明。「従来、海外の口座に分散しなくてはいけない資金(流動性)が削減できる」とXRPを活用することがxRapidの利点だと述べた。

またリップル社は、今回マネーグラム社に対して提示した株式取得の詳細についても言及。すでに同社に対して3000万ドル(約32億円)の初期投資を行い、同社の株式を1株4.10ドルで購入したと説明。また追加で2000万ドル分の株式を1株当たり4.10ドルから購入することが可能であるとしながら、以下のように出資への経緯を語った。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B