お部屋探しの来店時「もう埋まってました」は近い将来になくなる?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

お部屋探しの来店時「もう埋まってました」は近い将来になくなる?

LIFULLが取り組む不動産×ブロックチェーン。真正性・登記・証券化の3軸

一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)は6月11日、定例会議を開催した。同協会は参画企業の取り組みについて共有し、その研究開発を深める目的で、定期的に勉強会を開催している。今回は不動産業へのブロックチェーン技術の適用に取り組む株式会社LIFULLより、同社ブロックチェーン推進グループの松坂維大氏が講演を行った。

株式会社LIFULL・ブロックチェーン推進グループの松坂維大氏

LIFULLは、住宅・不動産ポータルサイトLIFULL HOME’Sの運営など、不動産情報サービス事業を営む。2017年よりブロックチェーン技術の研究に取り組んでいる。目指すところは、ブロックチェーンを用いて不動産情報の真正性を担保すること。そして建物情報を適切に管理するための登記制度の改善と、不動産の資産的流動性を確保するための証券化だ。

2017年12月には、株式会社NTTデータ経営研究所、NTTデータ先端技術株式会社(旧NTTデータGTSJ)と共に、ブロックチェーン技術を取り入れた不動産情報システムのプロトタイプを開発。実証実験を実施した。その後、株式会社ゼンリン、全保連株式会社、株式会社ネットプロテクションズが加わり共同検討を開始。2018年10月には、不動産情報コンソーシアムADREを設立した。2019年内のシステムの商用化を目指す。

不動産情報コンソーシアムAggregate Data Ledger for Real Estate(略称:ADRE)

松坂氏は講演で、不動産業界の現状の仕組みについて、どのような問題があるか、ブロックチェーンによってどう変えられるのかを説明した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B