なぜフェイスブックの仮想通貨はビットコインと敵対しない?米投資アナリストが解説

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

なぜフェイスブックの仮想通貨はビットコインと敵対しない?米投資アナリストが解説
 

なぜフェイスブックの仮想通貨はビットコインと敵対しない?米投資アナリストが解説

ビットコインと仮想通貨リブラの違い
フェイスブック社の仮想通貨リブラが誕生してもビットコインの優位性は保たれる。なぜ敵対しないか、ビットコインとの違いとリブラ普及の条件をブライアン・ケリー氏が解説した。

ビットコインと新発表の仮想通貨リブラ|違いを徹底解説

米国の著名投資企業BKCM社CEOのブライアン・ケリー氏は米18日、フェイスブック社の仮想通貨リブラとビットコインとの違いをCNBCの投資番組「」で語った。ケリー氏はリブラを「ドル・円・ユーロなどのデジタル版」と一般人に理解しやすい表現で説明すると共に、フェイスブックの仮想通貨業界参入の影響を解説した。

・ステーブルコイン

フェイスブック社が仮想通貨を発行することで、主にパブリックチェーンで稼働するこれまでの仮想通貨のシェアを奪うのではないかとの懸念は、投資家の大きな話題となったが、ブライアン・ケリー氏は、業界にとって極めて重要な一歩だと考えているという。

・価値の交換

これはリップル社のCEOガーリングハウス氏や米投資アナリスト トム・リー氏と同様の意見で、これまで偏見的にあった一般社会の考えを改めさせる事例となると見ている。また、すでにGAFAの一角としてプラットフォームを有するFacebookに導入されることによる、仮想通貨特有の参入障壁(ウォレット作成など)の変革に繋がると考えている。

複数の法定通貨などによって価値が担保されるリブラをステーブルコインに近いとしつつも、リブラの一般普及には、三つの必要条件があると言及。

ビットコインとの相違点

フェイスブック社が仮想通貨発行に携わる影響力

これらの点を踏まえて、ビットコインとリブラの違いは第三者機関に対する信頼の有無だとケリー氏は述べる。

これには、リブラを購入するためにはまずフェイスブック社側に自分の法定通貨を一定額預けることで、法定通貨の性質を保ったステーブルコインに似た通貨の形態をとり、その信頼が特定機関に依存していることがあげられる一方で、ビットコインはブロックチェーン、およびそれを可能にする暗号学と数学に信頼が置かれているため、第三者特定機関を経由しないP2P取引を可能にする大きな違いがあると指摘した。そういった点から、リブラが出てきた中でもビットコインは既存のシステムを逸脱していると解説した。リブラが誕生してもビットコインには大きな優位性があると指摘する意見だ。

さらにケリー氏はフェイスブック社が新たに仮想通貨を発行することの影響力についても考察、以下の2点を重要な特徴に挙げた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B