フェイスブックの仮想通貨Libraの波紋、欧州各国から政治的警戒を求める声

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

フェイスブックの仮想通貨Libraの波紋、欧州各国から政治的警戒を求める声

フェイスブックの仮想通貨Libraの波紋、欧州各国から政治的警戒を求める声

フェイスブックの仮想通貨Libraのホワイトペーパーの発表を受けて、欧州で規制強化を求める声が生じている。

フランスのブリュノ・ル・メール経済・財務大臣は、暗号通貨が主権通貨になる可能性に懸念を示した。ドイツの欧州議会議員マーカス・フェーバー氏は、フェイスブックが「シャドーバンキング」になる可能性があると警告し、規制当局は警戒すべきだと述べた。18日にブルームバーグが報じました。

ヨーロッパ1ラジオインタビューでルメール氏は、Libraが「主権通貨になる事はとんでもない事であり、許されないし、起こり得ない。」と述べた。彼はまた、7月に開催される「7か国財務大臣・中央銀行総裁会議(G7)」に向けて、国際通貨制度を管理するG7の中央銀行に対し、フェイスブックのプロジェクトに関する報告書を作成するよう要請すると語った。

ポルトガルで開催された欧州中央銀行の年次シンポジウムで、イングランド中央銀行総裁マーク・カーニー氏はLibraについて以下のように述べています;

「この世界で機能するものはすべて即座に体系的になり、規制の最高水準に従う必要がある。私たちは、G7、国際通貨基金、国際決済銀行および金融安定委員会を含む多国間機関で、それを非常に綿密にそして協調的に見るだろう。」

「数十億の人々をプラグインしてエンパワーする金融エコシステムを構築する」というフェイスブックのイニシアチブは、18日に正式に発表されました。同社は、Visa、Uber、Coinbaseなど、決済と暗号技術大手と既に提携しました。Libraのリリースは2020年に予定され、その価値はLibra協会によって管理される、各国通貨と証券のバスケットに裏付けられます。協会はまた、需要の変化に応じてLibraトークンをミント(発行)・バーン(償却)します。

フェイスブックの子会社Calibraは、MessengerやWhatsAppサービスからアクセス可能なデジタルウォレットを作成して、アプリを通じて友人、家族、企業に簡単に資金を送れるようにすることを計画しています。

フェイスブックが掲げるLibraのミッションは、銀行が不要な、グローバルな低コストな送金を促進することです。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B