金融サービスのブロックチェーン技術 「ニーズにあわせて現実的な改善が必要」=専門家らが議論

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

金融サービスのブロックチェーン技術 「ニーズにあわせて現実的な改善が必要」=専門家らが議論

金融サービスのブロックチェーン技術 「ニーズにあわせて現実的な改善が必要」=専門家らが議論

金融サービスのブロックチェーン技術 「ニーズにあわせて現実的な改善が必要」=専門家らが議論

金融サービスにおける未来のブロックチェーンは、ニーズにあわせて変更できるものである必要がある。専門家らが6月18日、ロンドンで開催されたカンファレンス「シンクロナイズ・ヨーロッパ」で仮想通貨の派生商品(デリバティブ)に関するパネルディスカッションで見解を示した。

デジタルアセットの企業ソリューションのトップ、ケリー・マジソン氏はブロックチェーンについて、多様性に富む金融サービスのニーズにあわせて現実的に改善することが可能なものである必要があると述べた。企業向けのブロックチェーン技術は現時点で実行可能で、ブロックチェーンのオリジナルの概念から分岐していると指摘。こういったブロックチェーンは、特定の法管轄地域においてなど、目的に応じて改善する必要があるとした。

マジソン氏はまた、スマートコントラクト向けの汎用言語の問題にも触れ、以下のように述べた。

「我々が法的定義と市場ルールの具現化を真に開始したいと考えているスマートコントラクトに使用される汎用言語からのシフトが始まっている。初期の言語の多くは、すべてのデータを抽出して機密あるいは難読化することで金融サービスとしての資格を表現しようとするものだった」

ISDAの市場インフラおよび技術のトップ、クリブ・アンセル氏は、ブロックチェーン基盤のソリューションの改善には、実際の事業における課題など現実社会との繋がりが必要であることに同意。企業が本当に必要とするまではスマートコントラクトを多様化させない環境作りが必要とした。

バークレイズのインベストメントバンクCTOオフィスのリー・ブレイン氏は、標準化には長期間必要で、業界の企業は最新の技術的改革において何を実施したのか意図的に定義すべき、とした。

UBSのエグゼクティブディレクターのユンキン・ジェン氏は、皆がデジタル化されて標準化されれば、分散型アプリケーションのDAppのエコシステムが現れるとし、文化的な物の見方の重要性を強調した。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B