G20サミットと同日開催の「V20」 仮想通貨有力プロバイダーが集結するサミットの概要と目的

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

G20サミットと同日開催の「V20」 仮想通貨有力プロバイダーが集結するサミットの概要と目的
 

G20サミットと同日開催の「V20」 仮想通貨有力プロバイダーが集結するサミットの概要と目的

来たるG20大阪サミットに合わせて、仮想通貨サービスプロバイダ会議「V20」が開催
仮想通貨のこれからに多大な影響を及ぼす規制となる、世界基準の暗号資産監督法ガイドラインに対応するため、世界をリードする仮想通貨サービスプロバイダが、大阪に結集する。G20と同日開催されるV20の概要と目的とは?

来たるG20大阪サミットに合わせて、仮想通貨サービスプロバイダ会議「V20」が開催

仮想通貨のこれからに多大な影響を及ぼす規制となる、世界基準の暗号資産監督法ガイドラインに対応するため、世界をリードする仮想通貨サービスプロバイダが、今月下旬、大阪に結集する。

6月28日から2日間、大阪で開催される金融・世界経済に関する首脳会合G20に日程を合わせ、「V20」と銘打ち、世界の仮想通貨関連業界代表者が、FATF関係者や国内業界代表団体と共に、ビジネスと技術両面で実行可能、かつ規制の目的にも叶うソリューションについて議論する場を設ける。

先に福岡で開催されたG20財務大臣・中央銀行総裁会議では、ブロックチェーンが持つ可能性の高さを評価すると同時に、仮想通貨が経済にもたらす脅威は低いものの、マネーロンダリング等のリスクは認識しているとして、コミュニケートでは次のように述べられている。

V20の提案

中でも、現在銀行業界の電信送金で義務付けられている、資金の受取人に関する情報提供を仮想通貨取引にも適用しようとする条項は、アドレス以外は相手方の情報の獲得を特に必要としないブロックチェーン技術と相容れない部分が大きいことが指摘されている。 また、受取人の情報が正確であるかどうかを確認することも困難な場合が多く、取引所の運営コストが引き上げられるのに反し、犯罪防止に対する有効性は疑問視されている。

つまり、マネーロンダリングの防止を目的とした規制が、法的執行機関が資金の流れを特定するのがより困難な取引を増やすことにつながり、結局は本末転倒の結果となるのではないかと見る向きもある。

このような状況の中、V20の開催の経緯は次のようにまとめられている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B