[cryptopack id="115"]

ビットコインやリップルなど8銘柄の仮想通貨を監査するツール、PwC社が発表【フィスコ・ビットコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインやリップルなど8銘柄の仮想通貨を監査するツール、PwC社が発表【フィスコ・ビットコインニュース】

 

ビットコインやリップルなど8銘柄の仮想通貨を監査するツール、PwC社が発表【フィスコ・ビットコインニュース】

2019/06/20 12:23

四大会計事務所の1つである米国のPwC社が、仮想通貨取引を監査できるソフトウェアをリリースすることが明らかになった。仮想通貨の保証サービスを提供する企業でも活用ができるという。

健全な管理が必要である仮想通貨業界において、今回発表されたソフトウェアの強みは2点挙げられる。まずは、プライベートキーと公開アドレスをセットにして、それを企業が独立して永久に保管ができることだ。これによってそれぞれの仮想通貨の所有者が誰なのかを明確にすることが可能となる。

2つ目は、ブロックチェーンの管理に該当する。ブロックチェーン上の仮想通貨取引や資産の残高に関する情報を、企業が他社に頼ることなく安全に収集できる。

このソフトウェアを通して、監査法人でなくても、ブロックチェーンや仮想通貨という新しい分野に参入することが可能になるだろう。また、そういった企業が実際に会計監査官などから保証用のレポートを取得する過程でも、このソフトを役立てることができるという。

現時点において、本ソフトウェアで監査が可能な仮想通貨やトークンは以下の8種類だ。

• ビットコイン
• イーサリアム
• リップル(XRP)
• ライトコイン
• ビットコインキャッシュ
• ビットコインゴールド
• ビットコインダイヤモンド
• OAX(ERC20)

PwC社の責任者であるJames Chalmers氏は、市場における技術の変化についていくことの重要性を語った。新しい技術が生まれたら、それに応じたツールを開発し、人々の多様な要求にも応えていくと意欲を見せた。このソフトがどのように企業や法的執行機関に活用されるか注目する必要があるだろう。

現にFATFはマネーロンダリング対策や不正取引などにおける仮想通貨取引のグローバル的規制に対して、21日には規制ガイドラインを発表する予定をしている。PwCのツールは全体市場のコンプライアンス健全化に向けた重要な一環になると考えられる。

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。

<SI>


Liquid

ビットコインを買うならLiquid

セキュリティレベルも高く、ビットコインの取引高では国内でダントツで取引手数料は無料!!

口座開設はこちら


bitbank

リップルの取引高世界一のbitbank

リップルの取引先として高い支持を誇り、日本人に人気のモナコインの取引所として個人投資家からの信頼が高い!

口座開設はこちら


GMOコイン

上場企業の運営の取引所GMOコイン

投資初心者でも使いやすい取引アプリを提供。仮想通貨FXでアルトコインのレバレッジ取引も可能!

口座開設はこちら

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/2953

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。