マレーシア ブロックチェーン関連の外国人技術者に就労ビザ発行へ | ネム財団と協力

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

マレーシア ブロックチェーン関連の外国人技術者に就労ビザ発行へ | ネム財団と協力

マレーシア ブロックチェーン関連の外国人技術者に就労ビザ発行へ | ネム財団と協力

マレーシア ブロックチェーン関連の外国人技術者に就労ビザ発行へ | ネム財団と協力

マレーシアは、ブロックチェーン技術の需要に対応するため、テック関連のフリーランサーを対象とした就労査証(ビザ)プログラムを公開した。現地ニュースのスターが6月18日に報じた

同プログラムは、同国政府が管理するテック分野の組織、マレーシア・デジタルエコノミー公社(MDEC)と、ブロックチェーン団体のネム財団、求人情報を提供するジョバティカル(Jobbatical)とが協力して展開する。

最大で1年間マレーシアに滞在して国内の会社でブロックチェーン関連サービスの提供や訓練を実施する外国人専門家を呼び込むのが狙いだ。

MDECの成長エコシステム開発のバイスプレジデント、ノリザム・アブドゥル・カディール氏は、「(同プログラムを)導入して、ブロックチェーン関連の雇用を開始する。発行するビザの数はマレーシア国内のブロックチェーン企業が進める同プログラムの進展具合による」と述べた。

ネム財団はマレーシア首都クアラルンプールにアクセレレータとして機能するネムズ・ブロックチェーン・センターを新設している。同施設にはネムプラットフォームの開発研究を行うネム・ブロックチェーン・イノベーション・ラボも収容されている。

マレーシアの政府諮問委員会は昨年6月、韓国のブロックチェーン研究所インキュブロックと、シャリア(イスラム法)が許容するブロックチェーン技術開発に向けて覚書を交わしている。ダト・ハサン・ビン・アハマド委員長は覚書について、この共同事業が「マレーシアが主導しイスラム社会全体で使われるブロックチェーン技術の開発につながる」ことを期待すると述べていた
 

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B