[cryptopack id="115"]

仮想通貨リブラに対する米上院公聴会が7月16日に予定、その狙いは【フィスコ・アルトコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨リブラに対する米上院公聴会が7月16日に予定、その狙いは【フィスコ・アルトコインニュース】

 

仮想通貨リブラに対する米上院公聴会が7月16日に予定、その狙いは【フィスコ・アルトコインニュース】

2019/06/20 13:13

発表された2日目の仮想通貨リブラは、米国会上院の銀行委員会による公聴会が7月16日に開かれる予定だ。同委員会の公式ページに掲載されている。

「フェイスブックが提案するデジタル通貨とデータプライバシーの検討事項」と題されたこの公聴会は7月16日、23:00に予定されている。なお現時点では、公聴会に参加する証人については発表されていない。

この公聴会が決まったタイミングとして、複数の要因があると考えられる。

まず5月に、この上院銀行委員会がリブラに関する公開書簡をフェイスブックのCEOザッカーバーグ氏宛てに送付した。書簡では、同プロジェクトにおける顧客の個人情報の管理や金融規制を焦点に情報の共有を要求している。現在、回答に取り掛かっていることがわかっているが、回答には至っていないという。

そして、仮想通貨リブラのホワイトデペーパー(事業計画書)が公表され、一夜明けた昨日、米国会下院の金融サービス委員会のMaxine Waters理事長は、フェイスブックがリブラの開発を、フェイスブック社のCEOら役員に対する公聴会の開催まで一時的に中断するように要請した。

その理由を「立法者らがリブラを理解することが最優先」とし、「国家や国民におけるリスクを懸念、国会や規制当局の調査を行う必要がある」としている。

この状況に対し、下院の公聴会は上院銀行委員会の公聴会の前後に予定される可能性があると有識者らに指摘されている。

さらに、同じ銀行委員会のメンバーである上院議員Elizabeth Warren氏は、個人データの取り扱いで批判の的となるフェイスブックのプロジェクトに対して、自分自身のSNSで、「フェイスブックは過大な権力を持っている。個人データにおいて、不適切な取り扱い方などを取っているため、我々はフェイスブックがこれ以上に個人データを収集できるチャンスを与えてはいけない。」と、フェイスブックのリブラプロジェクトの真の目的を不安視している。

Warren氏は、2020年の大統領選立候補であり、いわゆる独占権を持つようなビッグテック企業を打倒する姿勢をマニフェストとしている。

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。

<SI>


Liquid

ビットコインを買うならLiquid

セキュリティレベルも高く、ビットコインの取引高では国内でダントツで取引手数料は無料!!

口座開設はこちら


bitbank

リップルの取引高世界一のbitbank

リップルの取引先として高い支持を誇り、日本人に人気のモナコインの取引所として個人投資家からの信頼が高い!

口座開設はこちら


GMOコイン

上場企業の運営の取引所GMOコイン

投資初心者でも使いやすい取引アプリを提供。仮想通貨FXでアルトコインのレバレッジ取引も可能!

口座開設はこちら

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/2954

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。