仮想通貨リブラに対する米上院公聴会が7月16日に予定、その狙いは

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨リブラに対する米上院公聴会が7月16日に予定、その狙いは
 

仮想通貨リブラに対する米上院公聴会が7月16日に予定、その狙いは

仮想通貨リブラの米上院公聴会決定
賛否両論で注目されている仮想通貨リブラについて、米国会上院の銀行委員会は公聴会を7月16日に開催する。同時期に下院の金融サービス委員会によるフェイスブックの役員らに対するリブラ関連の公聴会も開かれる可能性が考えられる。

仮想通貨リブラの米上院公聴会決定

発表された2日目の仮想通貨リブラは、米国会上院の銀行委員会による公聴会が7月16日に開かれる予定だ。同委員会の公式ページに掲載されている。

「フェイスブックが提案するデジタル通貨とデータプライバシーの検討事項」と題されたこの公聴会は7月16日、23:00に予定されている。なお現時点では、公聴会に参加する証人については発表されていない。

まず5月に、この上院銀行委員会がリブラに関する公開書簡をフェイスブックのCEOザッカーバーグ氏宛てに送付した。書簡では、同プロジェクトにおける顧客の個人情報の管理や金融規制を焦点に情報の共有を要求している。現在、回答に取り掛かっていることがわかっているが、回答には至っていないという。

そして、仮想通貨リブラのホワイトデペーパー(事業計画書)が公表され、一夜明けた昨日、米国会下院の金融サービス委員会のMaxine Waters理事長は、フェイスブックがリブラの開発を、フェイスブック社のCEOら役員に対する公聴会の開催まで一時的に中断するように要請した。

この状況に対し、下院の公聴会は上院銀行委員会の公聴会の前後に予定される可能性があると有識者らに指摘されている。

Warren氏は、2020年の大統領選立候補であり、いわゆる独占権を持つようなビッグテック企業を打倒する姿勢をマニフェストとしている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B