FATFガイドライン公開を明日に控えるビットコイン市場、国際的関心高まる|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

FATFガイドライン公開を明日に控えるビットコイン市場、国際的関心高まる|仮想通貨市況
 

FATFガイドライン公開を明日に控えるビットコイン市場、国際的関心高まる|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●FacebookやFATF、市場の関心に変化は?

●感情分析は、仮想通貨マーケットの将来に重要な事例。なぜ?

●最新ビットコインテクニカル分析

●LINEの日本進出の可能性を受け、独自通貨LINKが高騰

仮想通貨ビットコイン(BTC)市況

仮想通貨市場は20日、日本時間明朝に最後のCboeのビットコイン先物のSQで大きく売りに傾かなかったことを確認すると、一時買いが強まったものの、100万円を基準にしたレンジ相場で推移した。

データ会社DataLightの調査結果では、リブラに関連するツイッター数が、ビットコインに迫る勢いがあったことが確認された。業界内からの関心は飛躍して高まったのに対して、業界外からの大きな新規流入要因には至らなかったとみられる。

仮想通貨マーケットの将来に重要な事例

ビットコインテクニカル分析

LINEの日本進出の可能性を受け、LINKが高騰

免責事項

英中銀のMark Carney総裁から国際規制機関などと協力しながら慎重な審査を行なっていくとするコメントや、国家や国民におけるリスクを懸念、国会や規制当局の調査が終わるまで開発を停止するよう要求も米国会下院の金融サービス委員会 Maxine Waters理事長から見られた。データセキュリティが個人に及ぼす影響に、仮想通貨が関わる事例となりつつあり、今後規制面の先行き不安による警戒感が生まれるかもしれない。

明日にもFATFの仮想通貨規制ガイドラインの公開を控える市場だが、概ね情報の方向性が分かっている中で、市場はガイドラインの公開を織り込んでいると見られる。サプライズ的な情報開示がない限り、大きく市場の変動に影響することはないとみれるが、業界における重要な指標となることは間違いない。

日本ではあまり話題になっていないが、Coin Metrics社が新たに発表したリアルタイムの仮想通貨感情分析データツールは、今後の市場における重要な位置づけを占めるかもしれない。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B