「銀行のようなものを作ることは許容できない」米金融サービス委員会理事が仮想通貨リブラに再び難色

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「銀行のようなものを作ることは許容できない」米金融サービス委員会理事が仮想通貨リブラに再び難色
 

「銀行のようなものを作ることは許容できない」米金融サービス委員会理事が仮想通貨リブラに再び難色

米金融サービス委員会が追撃、リブラはドルの脅威か
米国会下院の金融サービス委員会の理事長は、再びリブラ事業の停止を促した。米フェイスブックに対する圧力を一段と強めている。

米金融サービス委員会理事長が難色を示す

米国会下院の金融サービス委員会のMaxine Waters理事長はCNBCの取材で、フェイスブック主導の仮想通貨リブラに対して、再びプロジェクトの停止を促している。

Waters理事長は、リブラが発表された翌日から「事業の一時中断」を促す書簡をフェイスブック側へ送付。経済や国民のプライバシーリスクを懸念する姿勢を見せていた。

国会は法的執行権力を持たないが、裏を返せば、いち早く対策法を検討するか、あるいは告訴などの法的手段を講じる可能性もあるのではないかと見られている。

すでに有識者らはフェイスブックが仮想通貨決済事業を始めた動機を指摘している。つまり、KYCの必要な決済アプリ「カリブラ」を通じて仮想通貨リブラを利用するユーザーあるいは関連ユーザーの個人データをフェイスブックのデータベースに追加し、第三者企業に開示するリスクだ。

この件に関して、まず米上院の銀行委員会による公聴会がフェイスブックにとっての第一関門だろう。7月16日に開かれるこの公聴会は、フェイスブックのプライバシー保護やリブラの詳細に関して詳しく質問されることは予想されている。今後、米国会によるフェイスブックとリブラに関する検討・議論が激化する可能性もある。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B