クラウドリソースのCloudFlareがイーサリアム・ゲートウェイを追加、スマートコントラクトをより手軽に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

クラウドリソースのCloudFlareがイーサリアム・ゲートウェイを追加、スマートコントラクトをより手軽に

クラウドリソースのCloudFlareがイーサリアム・ゲートウェイを追加、スマートコントラクトをより手軽に

クラウドリソースのCloudFlareがイーサリアム・ゲートウェイを追加

ゲートウェイを介したICO「VPN.Co」の実施イメージ

米国のインターネットセキュリティプロバイダーのCloudFlare(クラウドフレア)は、イーサリアム(ETH)のゲートウェイを「Distributed Web Gateway」ツールに導入しました。これにより、ユーザーがETHソフトウェアをインストールすることなくイーサリアム・ネットワークと通信できるようになります。

CloudFlareはCDN、DNS、DDoS攻撃対策、セキュリティサービスを提供するSaaS企業です。同社のDistributed Web Gatewayは、分散型Webエコシステムの拡張プロジェクトです。

CloudFlareでは、InterPlanetary File System(IPFS)でコンテンツをホストし、独自のカスタムドメインを介してアクセスできます。新しいイーサリアム・ゲートウェイは、カスタムホスト名を使って、CloudFlareがエンドクライアントの代わりに設備リソースを提供(プロビジョニング)します。
これにより、Webアクセスを持つあらゆる機器がイーサリアムネットワークと通信できるようになる。これは、数百ギガバイトものブロックチェーンデータのダウンロードできない低出力機器や技術的能力の乏しい機器にとって不可能な作業でした。

新たな設定により、ブロックチェーンを探索し、イーサリアム・スマートコントラクトを搭載したサイトにインタラクティブな要素を追加することが可能になります。IPFSゲートウェイと連携して、Webサイトやリソースを分散してホスティングすることも可能。利用者は、本来ノードを要すイーサリアムに新しいコントラクトを結ぶことができます。CloudFlareが署名済みトランザクションを取得して、ネットワークにブロードキャストします。

例えば、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)を行いたい場合、ゲートウェイを介して自分のERC-20準拠のコントラクトをイーサリアムネットワークに送って、トークンセールを開始できます。スマートコントラクト上で、投資家に自分の公開鍵を送信するよう求め、その後、自分のサービスにアクセスするための公開鍵を付与する。そうした一連の流れを、CloudFlareのツールを介して実行できます。

CloudFlareによると、既存のCloudFlareネットワークサービスの一環として、このサービスは完全無料で提供されます。ブログで同社は、スマートコントラクトへのアクセスと有用性を初心者にリーチさせたいと述べています;

「イーサリアムネットワークへのゲートウェイを提供することで、一般的なWebユーザーが仮想通貨ネイティブに移行でき、最終的に、分散型Webをインターネットのベーシックへと変革できます。」

現在、ゲートウェイのWebサイト上でサンプルアプリと通信できる。専用APIにアクセスして、スマートコントラクトの調査から資金の送金まで、イーサリアム・ネットワークで利用できるすべてを実行する事も可能。

CloudFlareのIFPSゲートウェイは主に趣味的な利用者が多く、独立系ブロガー、画像共有Webサイト、その他の技術者が中心です。同社は、まだイーサリアムを理解していない一般的な開発者の間で、プロトコルの認知向上と分散型コンピューティングの促進を目指しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B