ゴールドの価格急騰と、1万ドル目前のビットコイン高騰が示すもの

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ゴールドの価格急騰と、1万ドル目前のビットコイン高騰が示すもの
 

ゴールドの価格急騰と、1万ドル目前のビットコイン高騰が示すもの

ゴールドの価格急騰と、1万ドル目前のビットコイン高騰が示すもの
米NY先物市場でゴールドが急騰、2013年以来の高値を記録した。デジタル・ゴールドと呼称されるビットコイン(BTC)も年初来高値を更新し、1万ドル目前の105万円まで続伸している。その背景には何があるのか。

ゴールドの価格急騰と、1万ドル目前のビットコイン高騰が示すもの

仮想通貨ビットコイン(BTC)が年初来高値を更新し、一時105万円に到達した。心理的節目である10,000ドル(107.2〜108万円)目前まで上昇している。

また、6月18~19日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)で、年内の利下げが示唆されたことで、金(Gold)価格が急伸している。
20日には、金先物価格は一時1410ドルを上回り、2013年8月以来、5年10カ月ぶりの高値を付けた。

米連邦準備理事会(FRB)は19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、先行きの不確実性を認めた上、声明文から「忍耐強い」との文言を削除し、「適切に行動する」と変更したことも思惑を呼んでいる。

2018年10月〜2019年始には、FRBの金利の上昇と金融引き締めを機に世界の株式市場が動揺を見せ、大暴落した伝統金融市場であったが、4月には米連邦準備制度理事会(FRB)のハト派転向(利上げ終了の思惑)など長期金利低下の影響を受け、株高のリスクオンに傾倒しつつあった。

ビットコインなど仮想通貨市場には追い風か

直近の金価格の高騰も、金利水準低下予想などの影響に加え、中東情勢の緊迫化や英国のブレグジット問題、香港の大規模デモ、中国やメキシコとの貿易摩擦などの地政学リスクを受けて、リスク回避の一環で買われているとの見方が強い。

今後も、米欧の中央銀行が金融緩和姿勢を強める中での世界的な金利安と、不況時に景気底上げのために行う金融政策の1つである「金融緩和政策」の流れが継続するのであれば、世界的な「低金利・通貨安」が加速することになり、デジタル・ゴールドと呼称されるビットコイン(BTC)にとっても追い風となる可能性がある。

日銀の黒田総裁は20日、金融政策決定会合で「状況に応じて、躊躇なく追加緩和を検討する」との考えを示し、超低金利政策の指針を少なくとも2020年春頃までは維持すると強調している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B