フェイスブックの仮想通貨「リブラ」 インドで使用できない可能性=現地メディアが報道

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

フェイスブックの仮想通貨「リブラ」 インドで使用できない可能性=現地メディアが報道

フェイスブックの仮想通貨「リブラ」 インドで使用できない可能性=現地メディアが報道

フェイスブックの仮想通貨「リブラ」 インドで使用できない可能性=現地メディアが報道

フェイスブックが2020年に公開するとしている独自仮想通貨「リブラ」が、インド国内では使用できない可能性がある。同国メディアのエコノミック・タイムズ(ET)が6月20日に報じた

インド国内では現在ブロックチェーン基盤の通貨取引が禁じられている。ETは関係者の話として、フェイスブックはインドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)に対して、リブラの承認について申請を行っていないと報じている

コインテレグラフが昨日報じた通り、仮想通貨リブラ用ウォレットを手掛けるフェイスブック子会社カリブラ(Calibra)は、同ウォレットが米国の制裁を受けた国や仮想通貨を禁止している国では利用できないと発言しており、これにはインドや中国、イラン、北朝鮮などが含まれる

この件に関して、RBIは現時点で肯定も否定もしていない。

インドのテック専門の法律事務所Ikigai Lawのアニルドゥ・ラストジ氏は、リブラがクローズドのピアツーピア(P2P)システム内で運営されるならば、RBIは懸念を示さないだろう。しかしもし外部の経済に影響を及ぼすなら、「懸念の対象とするデジタル資産」と位置づけられるだろうとしている。

インドでは4月、同政府内で仮想通貨を全面的に禁止する法案が検討されているとの報道があり、仮想通貨取引を行った者には10年の禁錮刑が科されると報じられていた。しかしRBIは最近、仮想通貨を禁止するような内容の法案への関与を否定している。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

【関連記事:フェイスブックの仮想通貨リブラ 専用ウォレットがインドや中国などで利用できない可能性

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B