フェイスブック社の仮想通貨発表で、リップル社製品の需要が急増

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

フェイスブック社の仮想通貨発表で、リップル社製品の需要が急増
 

フェイスブック社の仮想通貨発表で、リップル社製品の需要が急増

リップル社製品の週間契約成立数が過去最高を更新
新通貨リブラの発表に伴い、リップル社の送金製品に対する需要が急増したことがCEOの発言からわかった。業界の変遷やビットコインとXRPの違いや今後の業界における課題などについても触れる注目発言となった。

フェイスブック発表でリップル社製品への需要が急増

米リップル社のCEOであるブラッド・ガーリングハウス氏がFORTUNEのカンファレンスに登壇。Facebookが支援するリブラの発表を通じて業界への関心が大きく向上し、リップル社製品に対する需要が高まったと発言。今週1週間をリップル社にとって「記録的な1週間」になったと話した。またビットコインとXRPの違いや仮想通貨規制の必要性など自身の見解についても併せて言及した。

ユティリティー(今後)

18日にもリブラプロジェクトについて前向きな姿勢を示していたガーリングハウス氏は、今回の発表がリップル社の製品に対する需要が高まる引き金となったと述べた。

リブラ・プロジェクトの重役であるDavid Marcus氏には感謝の印としてシャンパンを送らないといけないね。フェイスブックの発表が影響して今週はリップル社が一週間で締結した契約数の最高値を記録した。

フェイスブックが(実質的に)ウェスタン・ユニオンはいらないと言っているからだ。銀行側はフェイスブックが送金分野に介入したらSWIFTでは太刀打ちできないことを理解している。

6週間から半年のあいだ契約に進展がみられなかった企業が、フェイスブック社の発表によって行動喚起を促す要因になったという。

登壇内容

仮想通貨業界の流れ

ビットコインとXRPの違い

仮想通貨規制の需要について

またこれまでの仮想通貨・ブロックチェーン業界の変遷を振り返りながら、仮想通貨業界の当初の目的はシルクロードなどの違法取引だった、と説明。その後、仮想通貨に対する投機熱が過熱化したが、今後の業界においては、よりプロジェクトのユティリティー(採用事例)性が重要となると述べた。

乱高下する価格が魅力となり、投機目的が先行して仮想通貨に対する関心を持つユーザーは少なくないが、今後はブロックチェーンを現実的な問題を特定層のために解決することが重要だというみているという。

実際リップル社は既存銀行や送金企業を対象に、流動性の管理と送金問題を簡素化する国際送金ネットワークの構築を目的にしているブロックチェーン企業だ。通常の銀行では海外銀行へ送金する際には、事前に資金を海外支店で保管する必要があるが、世界中でおよそ10兆ドル相当の資金が中継銀行を含めて居座っている現状が課題となっている。

その資金を置く必要を減らすことで銀行などの業務効率化を目的に、リップル社は仮想通貨XRPやブロックチェーンを活用した送金を提供している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B