NEM財団、カタパルトに向けたバックエンド開発の専門チーム「NEMスタジオ」を設立

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

NEM財団、カタパルトに向けたバックエンド開発の専門チーム「NEMスタジオ」を設立

(Image: Shutterstock.com)

NEM.io財団(以下、NEM財団)は6月20日、NEMの継続的な開発支援およびバックエンド開発の専門チームとしてNEM Studios(NEMスタジオ)の設立を発表した。NEMスタジオは、2019年後半にリリースを予定しているNEMの次期アップデート「Catapult」(カタパルト)のコアプロトコルやAPI層の開発に取り組む。NEMホールディングスグループの一員となり、活動資金はNEMコアから直接提供を受けるとのこと。

「Catapult」は、NEMブロックチェーンのバージョン2。2019年後半のリリースに向け、オープンソースで開発が進められている。スケーラビリティ等の向上や機能拡張を行うものである。承認プロセスを拡張するマルチレイヤー・マルチシグネチャや、複数トランザクションの一括処理を可能とするアグリゲート・トランザクションなどが新機能として追加される。

NEM財団は2019年1月に新体制を発足。同時に「Catapult」の開発への注力を表明していた。以来、ロードマップを公開し、マイルストーンを公開するなど、進捗状況を逐次報告している。今回、専任の開発チームを発足することもその一環。NEM財団がフロントエンドの開発サポートを担い、NEMスタジオがバックエンドの開発サポートを行う体制となる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B