国際的な「キャッシュレス化」の進捗:人気ボードゲーム「Monopoly」までも!?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

国際的な「キャッシュレス化」の進捗:人気ボードゲーム「Monopoly」までも!?

運営費を大幅に削減できることから、他の誰よりも「キャッシュレス社会になって欲しい」とバンクオブアメリカCEOブライアン・モイニイハン氏がBrainstorm Finance 2019で発言したことが話題となっている中、あの人気ボードゲームもシステムの現代化を図っている。

人気ボードゲーム「Monopoly (モノポリー)」に音声認識AIを搭載したキャッシュレス版「Monopoly Voice Banking(モノポリー・ボイス・バンキング)」が発売されることが明らかになった。
 
 
おもちゃマネーもデジタル化!?銀行係は失業へ
 
最新版モノポリーでは、ボードの真ん中に設置されたデバイスを通してプレイヤーの声に反応する「音声認識AI」がプレイヤーの質問に答えるという。

この人工知能がお金の管理、不動産取引、家賃の支払い及びチャンスカードを引くまでのこと全てを中立的に管理するため、従来のモノポリーのようにお金のやり取りを担当する銀行係が存在しないようだ。
 

Monopoly just got rid of paper money and is going with a voice-digital system. Sounds like Hasbro has been reading IMF papers: https://t.co/qYW93QQcb2

— Jim Rickards (@JamesGRickards) June 20, 2019

 
また、プレイヤーにはゲーム紙幣の代わりに仮想の銀行口座が与えられ、全ての取引が電子的に処理されるという。

これによって、例えば他のプレイヤーがよそ見している間に紙幣を盗んだり、他のプレイヤーへ賄賂を渡すなどの不正行為が不可能になるようだ。

しかし、Yahoo Financeによると、一部のファンはゲームがキャッシュレス化したことにより「ズルができない」や「銀行係でないと勝てない」などの不満を述べているという。

尚、現時点では英国と米国で販売されることが決定しているこの最新版モノポリーだが、日本での発売予定は明らかになっていない。

 
 
キャッシュレス化は新興アジア経済が牽引する!?
 
キャッシュレスなおもちゃマネーの普及はさて置き、世界規模のキャッシュレス化は今後も継続することが予想されている。

2018年にリリースされたWorld Payments Reportの報告によると、2016-2022年の間にキャッシュレス取引の国際的な年平均成長率は12.7%と推測されている中、ラテンアメリカ、CEMEA(中欧・東欧・中東・アフリカ)、またアジア諸国ではそれが21.6%以上に達するという。
 

 
特に政府による金融包摂の努力が見られ、スマホ & eウォレットの普及率が上昇傾向にある新興アジア経済におけるキャッシュレス化は上図からも顕著なことが伺える。

また、国際的な支払い手段に関するマッキンゼーの報告によると、リアルタイム決済、デジタルコマース及び電子決済の普及がキャッシュレス化を促進する触媒となっており、過去5年間(2014-2018年)で世界中で行われる現金の取引が89%から77%まで減少したという。

このように世界的なトレンドとして取引のキャッシュレス化は進んでいるが、法定通貨のデジタル化が一概に良いとは言い切れない
 

Someday—perhaps over the course of a decade—people may realize that fiat paper is but paper. There is no reason for its value but for politicians’ suggestion. So absurd will it all look in hindsight, nary a respectable person among us will admit to having believed it.

— Erik Voorhees (@ErikVoorhees) June 23, 2019

いつの日か – おそらく今後10年の間に – 人々は紙幣がただの紙にすぎないことを理解するかもしれない。政治家の提案以外にそれに価値がある理由はない。これは(将来的に得られる)後知恵では奇妙なことで、またちゃんとした人は(過去に法定通貨の価値を)信じていたなんてことを認めないだろう。

 
それというのも、最近FRB(連邦準備理事会)が設定する金利に関する話題が多いように、法定通貨は政治情勢や金融政策の影響を受ける。

金融危機が2020年に起こることが予想されていたり、様々な決済システムが誕生している中、前述にあったシェイプシフトCEOのコメントのように「お金」に対する人々の認識は変わるのだろうか。

モノポリーの現代化による変化が何処と無く仮想通貨業界の一面に似ていることは、何を示しているのだろうか。
 
 

☞ビットコイン価格が9,600ドルの壁を突破、次のアクションは?

☞世界最大国際送金システム「SWIFT」の新ビジョン、 将来的には全ての取引が「数秒」へ

☞フェイスブックの夢物語!?リブラコインはビットコインと競合できないか
 
 
PickUpストーリー
 
 
☞Bitcoin.com代表取締役が語る「鉛筆から学んだ衝撃的な発見について」

☞BTC強気市場は始まった!?ポンプリア―ノ氏:「最高値2万ドル更新はすぐ」

Blockstream創設者が語る「デジタルゴールドが生まれたきっかけについて」

トップページに戻る

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B