「仮想通貨禁止」法案検討中のインドで、5万円相当のビットコイン価格乖離が発生した背景

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「仮想通貨禁止」法案検討中のインドで、5万円相当のビットコイン価格乖離が発生した背景
 

「仮想通貨禁止」法案検討中のインドで、5万円相当のビットコイン価格乖離が発生した背景

印取引所、ビットコイン+5万円の価格乖離
仮想通貨の全面禁止法案が検討されているインドの仮想通貨取引所にて、ビットコインなどの価格乖離が発生していることが判明した。法定通貨インド・ルピーの下落など、その背景を探る。

インド取引所、約5万円の価格乖離が発生

世界で2番目に多い人口を誇る大国インドの仮想通貨取引所において、ビットコイン(BTC)価格の乖離が生じていることが判明した。同国の規制状況や、法定通貨インド・ルピーの下落なども要因に挙げられている。

インド議会では今月上旬、仮想通貨の取引、マイニング、販売、購入などあらゆる側面を全面的に禁止する法案が持ち上がっている。コインポストでも先日報道したが、この法案などの影により、インド仮想通貨取引所における価格乖離が生じている。仮想通貨取引所Bitbncでは、ビットコイン価格はおよそ79万インドルピー(約122万円)となった。

価格乖離が発生した要因

現在インドで検討されている法案は、早ければ7月7日に成立可能性があるとする見方も出てきており、違反した場合は最大10年の懲役が下される予定であることが、インドの財務省で元書記を勤めていたHaleem Khan氏の話で判明していた。

また著名仮想通貨投資家のAnthony Pompliano氏も同様に、一般的に「禁止系の規制は実際の思惑と裏腹に、仮想通貨の普及を促進する」だろうとの見解を示している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B