イーサリアム(ETH)の次期アップグレード「イスタンブール」へ2つの改善提案が決定、ジーキャッシュとの相互運用性が盛り込まれる

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアム(ETH)の次期アップグレード「イスタンブール」へ2つの改善提案が決定、ジーキャッシュとの相互運用性が盛り込まれる

イーサリアム(ETH)の次期アップグレード「イスタンブール」へ2つの改善提案が決定、ジーキャッシュとの相互運用性が盛り込まれる

イーサリアム(ETH)の次期アップグレード「イスタンブール」への改善提案が決定

ジーキャッシュ(ZEC)とイーサリアム(ETH)のクロスチェーン構想

先週金曜の開発者会議で、暫定的に今年10月に予定されるイーサリアムのアップグレード「イスタンブール」に向けて、まずは2つのコード変更が承認されました。他の28のEIPは保留されていますが、2つはイーサリアム・メインネットでトライアルとして有効になります。

該当するEIP(イーサリアム・改善提案)は以下の2つです。

EIP 2024:仮想マシンに「BLAKE 2」と呼ばれるハッシュ関数のプリコンパイルが追加される。BLAKE2は、SHA-3などの他の従来のハッシュ関数よりもブロックチェーンデータの検証および認証が速い。BLAKE2は、プライバシーコインZEC(ジーキャッシュやドメイン名プラットフォームHandshakeなどの仮想通貨プロジェクトで使用されています。

EIP 2024は、「Blake2B」というBlake2用の別バージョンのプリコンパイルも備えています。EIP 2024の提案者の一人ジェームズ・ハンコック氏によると、BLAKE2Bは、イーサリアムメインネットワークでジーキャッシュ(ZEC)と相互運用できることを意味します。

EIP 1702:「アカウントのバージョン管理」と呼ばれる方法を導入し、イーサリアム仮想マシンのアップグレードやネットワークへの新しい仮想マシンの導入をより簡単にする目的。

Parity Technologiesの開発者ウェイ・タン氏によって書かれたEIP 1702は、開発者がプロ​​グラミング言語とパフォーマンスをシームレスな実行を可能にするウェブアセンブリ・コードを特徴とします。

アカウントのバージョン管理を許可することで、異なる時期に作成されたコントラクトに対して異なる仮想マシンを実行できます。これにより、「既存のコントラクトを機能させながら、最新の機能を実装できるようになる。」とタン氏は語っています。

スマートコントラクトは、分散型アプリケーション(dapp)の実行コードであり、イーサリアム仮想マシンを通してコンパイルされ実行されます。現在のイーサリアム仮想マシンは、長期的にはウェブアセンブリ・コードにアップグレードされる見込みです。開発者にとって、プログラミング言語とパフォーマンスに関して柔軟性が増します。

6月22日から24日にかけて開催された会議「Zcon1」での開発組織summa.oneとkeep.networkの発表によると、ジーキャッシュ(ZEC)とイーサリアム(ETH)のクロスチェーン構想が進められている様だ。ジーキャッシュのシールドトランザクション(情報を隠す取引)はブロックチェーンデータが重たくなる性質がある。

仮に、EIP 2024の実装によりジーキャッシュをイーサアムにペッグした所謂「Wrapped ZEC(WZEC)」が実現すれば、より手軽にジーキャッシュのプライバシー性を享受できるようになるかもしれない。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B