[cryptopack id="115"]

財務省、金融活動作業部会(FATF)に関する資料を公開【フィスコ・ビットコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

財務省、金融活動作業部会(FATF)に関する資料を公開【フィスコ・ビットコインニュース】

 

財務省、金融活動作業部会(FATF)に関する資料を公開【フィスコ・ビットコインニュース】

2019/06/25 16:32

財務省国際局は、2019年6月14日付の金融活動作業部会(FATF)に関する資料を公開した。

同資料では、FATFについて、1989年に設立された、『マネロン・テロ資金対策の国際基準(FATF勧告)を策定し、その履行状況について相互審査を行う多国間の枠組み』であり、『G7を含む36カ国・地域と2地域機関がFATFに加盟しており、その他9つのFATF型地域体を加えると、FATF勧告は、世界190以上の国・地域に適用』と説明している。

6月8日-9日に福岡で開催された「G20財務大臣・中央銀行総裁会議」の声明においては、『仮想資産や関連業者にFATF基準を適用するとのコミットメントを再確認』し、『FATFが今月(6月)の会合にて、解釈ノート及びガイダンスを採択することを期待』すると述べたと記されている。

また、財務省公開によるFATFのデータは、各セクターにおける危険度の高い取引を5段階で評価した結果、『銀行、仮想通貨、資金移動のリスクが相対的に高い』と認識しており、『犯罪収益移転防止法により、リスクのある事業者の顧客管理や疑わしい取引の届出等をセクター横断的に義務化』するとしている。特に、日本の場合は『新興リスクである仮想通貨交換業者については、世界に先駆け登録制を導入』し、『仮想通貨交換業者は、上記の顧客管理や疑わしい取引の届出義務及びマネロンガイドラインが定める一層高い措置の対象』となっているとした。

FATFの対日審査は今年10月末~11月中旬頃の予定で、この結果次第でもしも日本がFATFに頻繁な報告義務が生じることになった場合、国内の仮想通貨業界の進捗状況や規制にも影響が及ぶ可能性がある。

<HH>


Liquid

ビットコインを買うならLiquid

セキュリティレベルも高く、ビットコインの取引高では国内でダントツで取引手数料は無料!!

口座開設はこちら


bitbank

リップルの取引高世界一のbitbank

リップルの取引先として高い支持を誇り、日本人に人気のモナコインの取引所として個人投資家からの信頼が高い!

口座開設はこちら


GMOコイン

上場企業の運営の取引所GMOコイン

投資初心者でも使いやすい取引アプリを提供。仮想通貨FXでアルトコインのレバレッジ取引も可能!

口座開設はこちら

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/2999

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。