つくば市、市が支援する実証実験の最終審査にインターネット投票を活用

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

つくば市、市が支援する実証実験の最終審査にインターネット投票を活用

(Image: Shutterstock.com)

茨城県つくば市は6月26日、マイナンバーカードおよびブロックチェーン技術を活用したインターネット投票を8月下旬に実施することを発表した。つくば市は2018年8月、「つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業」の最終審査にて、同インターネット投票を用いた実証実験を行っていた。今回も同様に、同市が募集する「令和元年度つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業」の最終審査にインターネット投票を利用する。

2018年の実証実験でつくば市は、インターネット投票にブロックチェーン技術を活用することで、投票内容の改ざん防止や秘匿性を確保できることを検証した。今回はスマートフォンなどによる遠隔投票、顔認証技術による本人確認という技術的課題に取り組むという。システムの開発には、株式会社VOTE FOR、株式会社ユニバーサルコムピューターシステム、日本電気株式会社が協力したとのこと。

インターネット投票にはマイナンバーカードを利用するため、前もって取得する必要がある。投票の実施日、投票方法などは8月初旬頃に情報を公開するとしている。

2018年度のつくば市のインターネット投票については、記事「つくば市で実施したマイナンバーカードとブロックチェーンによるネット投票の裏側」、「つくば市のネット投票実証実験が成功、パイプドビッツが構築した投票システム」などにまとめている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B