ウォルマート中国がブロックチェーン商品追跡プラットフォーム始動

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ウォルマート中国がブロックチェーン商品追跡プラットフォーム始動

ウォルマート中国は6月25日、中国連鎖経営協会(CCFA)、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)、食品メーカーの科爾沁牛業(Inner Mongolia Kerchin)、VeChainと連携し、ブロックチェーントレーサビリティープラットフォームをローンチした。

ウォルマート中国はVeChainのブロックチェーン上にトレーサビリティープラットフォームを構築。23商品でスタートし、年内に追跡対象を精肉、コメ、キノコ、調理油など10カテゴリー100商品に拡大する。同プラットフォームで2020年までに精肉の販売額の約50%、野菜販売額の40%、シーフード販売額の12.5%をカバーする計画。

ウォルマートの買い物客は、対象商品のQRコードを読み込むと、原産地や流通過程、検査レポートなど詳細な情報を知ることができる。

中国の経済成長と消費力向上で、消費者の食の安全への関心は高まっている。中国政府は2015年に「食品安全法」を改正し、トレーサビリティー技術の早期確立の必要性を強調した。

ウォルマート中国のシー・ジアチー最高広報責任者(CCAO)は「ウォルマートは常に、安心・安全な商品と便利なサービスを消費者に提供すべく努力し、サプライチェーンの改善に投資を続けている。デジタルの活用で効率や透明性を高め、中国の消費者の生活をより良くしていきたい」とコメントした。

また、VeChainのケビン・フォン(馮芸凱)最高執行責任者(COO)は、「当社は安全で成熟したソリューションを提供することで、ブロックチェーン技術の応用を推進している。ウォルマート中国によるブロックチェーントレーサビリティープラットフォームのローンチは、技術の商用化の上で大きな意味を持つ。今後、消費体験の透明性と安心感を高められるようにしたい」と述べた。

VeChainは2015年に創業した中国企業。ブロックチェーンやIoT開発を手掛け、ブロックチェーン技術の金融領域以外での応用を目指している。シンガポール、ルクセンブルク、東京、パリ、香港、サンフランシスコなどに拠点を置いている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B